お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

今のカンケイが壊れるのが怖くて…… 告白できなかった女子たちの切ないエピソード

ファナティック

はははは今まで「仲のいい友だち」としていい関係でやってきた彼。好きになって付き合いたいと思うけれど、もし告白してしまったら今までと同じではいられない。そんな不安から、告白を見送ってしまう女子も多いのではないでしょうか? そこで今回は、関係が壊れるのが怖くて、告白できなかった経験を女子のみなさんに語っていただきました。

職場の先輩に想いを伝えきれず……

・「職場の先輩とキスまでしたが、決定的なことを言うと『職場環境や今の関係が変化するのでは』と不安になり何も言えなかった……」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「会社の先輩。いい後輩でいる関係が壊れるのが怖くてそのままでいたら、先輩が異動して遠くに行ってしまった」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「会社の先輩。頻繁に飲みに行っていたので関係を壊したくなかった」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

職場にいる大好きな先輩。でも、もし告白したら二人だけじゃなく職場の雰囲気もぎくしゃくしてしまうかも。そう思って躊躇しているうちに、告白するタイミングを失ってしまった、という声も。

ずっと隣にいるのに

・「ずっと仲のよかった男友だち。自分の気持ちは言わずに、相手の恋愛を応援した」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「友だちとして2人で仲よく遊んでいた人がいたけど、この関係が壊れるのが嫌で告白できなくて、ついには彼に彼女ができてしまった」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「男友だちのことが気になっていたけど、これまでの関係が壊れるのが怖くて告白できなかった」(30歳/医療・福祉/専門職)

ずっと友だちとして付き合ってきた彼。本当は好きだって言いたいけれど、友だちポジションから抜け出すことができず、気づけば彼には彼女が……。こんなとき、告白しておけばよかったのか、これでよかったのか、どちらが正解なのかわかりませんよね。

同じクラスだから

・「同じクラスの男の子が好きだったので、気まずくなるのが怖くて告白できなかった」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「中学時代、同じクラスの男子が好きだったけど、仲いい関係を壊したくなくて、別のクラスの男子と付き合ってしまった。しかし、うまくいかず、数カ月で別れることに。結局彼に告白できず、卒業した」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「大学のサークルの中に気になる男性がいたが、楽しいサークルだったので告白してギクシャクするのが怖くて、言えなかった」(24歳/食品・飲料/専門職)

同じクラスやサークルにいた気になる彼。一気に距離を縮めるチャンスではあるものの、同じクラスだからこその障害も。身近にいる人ほどなかなか告白できないものですよね。

共通の友だちがいると……

・「親しい友人がいたが、みんなが仲よくその関係性が壊れるのが気になったので……」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「気になっていた人がいたが、共通の友人も含めてよくあっていたので、告白して振られたりしたり、別れたりしてその関係が壊れるのがいやで何も言えなかった」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

好きな彼と自分、共通の友だちがいるようなサークルなどでは、やはりどちらに転んでも気まずくなってしまうもの。今が楽しいから壊したくないと思ってしまうのは、仕方がないことなのかも。

「あのときああすればよかった」といまさら後悔しても、それらはすべて終わったこと。しかし、こんな苦い思い出も経験してこそ、新しい出会いで失敗せずに勇気を出せるはずです。あなたにも、こんなエピソードはありますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数200件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]