お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム 出会い

この女子力は間違ってない! 男子にドン引きされても、やり続けたほうがいいこと4選!

「男子ドン引きの〇〇」というコラムを、お読みになったことのある女子も多いかと思います。今回は、数あるドン引きネタのなかから「でもこれは男子にドン引かれても、女子として、やったほうがいいんじゃない?」というものをいくつかご紹介します。さっそく見ていきましょう!

1:派手なネイル

・「男子って、女子のド派手なネイルが苦手らしいです。不衛生に見えるとか、女の子女の子しすぎてドン引きするとか、そういう理由みたいです。でもそんなの気にせずに、どんどんド派手なネイルをすればいいと思います。だってネイルって女子の特権じゃないですか」(28歳・飲食)

たしかにネイルは女子の特権みたいなものでしょうから、それを活かさない手はないでしょう。何の飾り気のない手よりは、魅力的かもしれませんね。

2:飲み会で「お取り分けしない」

・「飲み会で大皿料理をお取り分けしない女子は、女子らしくなくてドン引きとされているようですが、取りたくなければ取らないでいいのではないかと思います。誰かがやってくれます」(27歳・商社)

好意的に言えば、「変に気を回さずに、堂々としていればいい」ということですよね。判断に困ったときは、「取り分けようか?」と聞くだけでも、気が利かない女子レッテルは貼られないと思いますよ?

3:男友だちへのボディタッチ

・「『彼氏でもない男に意味深なボディタッチするなんて、ドン引きやわ~』と、男友だちに言われましたが、意味深に触って男子が軽く動揺する姿ってかわいいですよね」(27歳・ヘアメーク)

女子として「男子のかわいらしさ」が好きな人は、どんどん意味深なボディタッチをしましょう! そして、男子を翻弄してしまいましょう!

4:経験人数の正直な告白

・「もしも言いたければですが、経験人数を聞かれたら素直に答えたほうがいいと思います。これまで付き合ってきた男子とは、今のあたしを作ってくれた人なわけで、隠すこともないと思うんです」(27歳・建築)

恋愛とは100%自己責任ですから、たしかにこの通りでしょう。反対に、経験人数で女子を判断するような男子は、「こちらからお断り!」ってことですね。

まとめ

他人の目を気にする人が多いからか、ドン引きネタは、Webコラムで人気です(でした)。今回の4人の証言を総括するなら、もっと自由に好きなように生きたほうが、人生はおもしろい、恋愛は楽しい! こういうことが言えるのかもしれません。

(ひとみしょう)

※画像は本文と関係ありません。

お役立ち情報[PR]