お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

草食男子との恋愛は短命!? 失敗した恋愛3パターン!「会っても手を出してこないのにイライラ」

ファナティック

いつも穏やかで一緒にいるとホッとできるのは「草食系男子」のいいところですが、恋愛となると情熱にかけるというのも事実。こういう男性を好きになったら、自分からどんどん押して行かないと付き合いが長く続かないどころか、恋愛にすら発展しないことも。今回は、草食系男子を好きになったけれど、うまくいかなかったという経験について聞いてみました。

Q.「草食系男子」を好きになったけど、うまくいかなかった経験はある?

 「はい」……15.2%
「いいえ」……84.8%

草食系男子との恋愛がうまくいかなかったという女性は2割弱。では、どういう理由でうまくいかなかったのかを詳しく聞いてみましょう。

連絡頻度の問題

・「連絡頻度やデート頻度で揉めた。草食系男子はデートもメールもあまりしたくないという傾向があり、それが合わずに別れた」(28歳/機械・精密機器/技術職)
・「こっちから連絡をしないと連絡が取れないから」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「自分もあちらから告白してほしいほうだったため、ほかの人に先を越されたので」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

自分から連絡をしないとメールもしてこない。デートにも誘ってくれない。草食系男子にはよくあることですが、それが待ちきれなくて愛想が尽きてしまったという女性もいるようです。自分から誘うのを遠慮している間にほかの女性に先を越されてしまったということもあるようなので、草食系男子相手に「待ち」の姿勢は禁物のようですね。

ツンデレは逆効果

・「少し誘いを断ると、すぐにしょぼくれるのが、だんだんめんどくさくなって飽きてしまった」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「好意を見せてくれたのに、少し寝かせていたら逃げられた」(29歳/商社・卸/事務系専門職)
・「自分がツンデレ過ぎたから」(31歳/金融・証券/専門職)

彼から誘われたときに、あまり反応を見せずに放置していたら彼のほうから去っていったという人もいるみたいです。草食系男子は誘いを断られるとしょぼんとしてしまうこともあるので、それを見ているうちに嫌になることもあるようですね。ツンデレなアプローチは草食系には逆効果になってしまうみたいですよ。

相手の消極性が嫌になった

・「なぁなぁというか、いまいち責任を持ちたくないというか、決断力がないという印象が多かったため」(30歳/情報・IT/事務系専門職)
・「私が言うことに対して、リアクションがないから嫌われているのかと思ってしまった」(27歳/建設・土木/事務系専門職)
・「話が合わないし、付き合ってみたら消極性が目立ったから」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「会っても手を出してこないのにイライラして別れた」(30歳/医療・福祉/専門職)

何に対しても積極的な態度を見せない草食系男子は、もちろん女性に対しても消極的。デートしても自分から手を出してこようとしない彼に対してイライラしてしまったり、嫌われているのかと思ったり。決断力にもかける草食系男子と付き合っていくには、女性のほうが忍耐強くなるしかないのかもしれませんね。

まとめ

好きになった人が草食系男子だったとしたら、普通の男性と同じようなアプローチや付き合い方では、うまくいかないことが多いようです。女性のほうが積極的にならないと相手から連絡も来ないし、駆け引きしようと思っても、自分が引くと相手も引いてしまうとなったら、とにかくガンガン押していくしかなさそう。実際に付き合ってみると、彼の消極的すぎるところが嫌になることもあるみたいですが、まずお近づきになるためには自分が肉食系女子になるのが一番のようですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数177件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]