お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

経済的? ケチっぽい? 男子に聞いた「プチプラ化粧品をつかう女子」の印象

ファナティック

メイク専門店や百貨店に行かなくても、ドラッグストアやバラエティーストアで気軽に手に入れることができるプチプラコスメ。価格の安さや使いやすさから愛用している人も多いのではないでしょうか。プチプラコスメでスキンケアを済ませている女性に対して思うことを、社会人の男性に聞いてみました。

経済的で好印象

・「それでも違和感を感じさせないなら、経済的という意味で好印象」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「経済的でよいと思う。ぶっちゃけ、高いものを使おうが安いものを使おうが大して変わらない」(28歳/情報・IT/技術職)

支出の中で美容に関する金額の比率が高いと、必然的に他の何かを節約することになります。いくら美しさのためとはいえ、極端にお金をかけるのは考え物です。見た目は何を使ってもそんなに違わないという現実的な見方をしている男性もいるようです。

合っているなら問題なし

・「自分に合った化粧品ならいいんじゃない」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「肌に合っているなら人の自由だよね」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

高い化粧品が必ずしも肌に合うとは限りません。化粧水の価格は、原材料はもちろんですがパッケージや広告宣伝費、高いテナント料なども反映されます。価格にまどわされず自分に合っている商品を探すことが重要です。

そこはお金をかけるところ

・「別にいいとは思うけど。自分磨きにはお金を惜しまないでほしい」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

・「あまり美容に関心がないのだと感じる。女子力が低い印象を受ける」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

女性なら美容にはお金をかけるべきという意見です。いくつもの商品を試して究極のプチプラコスメに出会えたというのなら問題はないのですが、「つければいいや」という感覚でこだわりをまったく持たないのは女子力が低いと捉えられてしまうかもしれません。

将来が心配

・「若い頃はいいけど、ある程度の年齢になったらちゃんと考慮すべき」(28歳/金融・証券/専門職)

・「年を取ってから苦労しそう」(38歳/通信/技術職)

安い化粧品は粗悪なものが多いのではないかという考えから、将来的に肌が荒れることを懸念する意見です。多くの化粧品に言えることですが、販売時点ではその商品を使った人の10年後20年後の肌までは想定していません。明らかに粗悪な商品は購入を控えた方がいいでしょう。

女性たちの間で、優秀だと話題になっていた廉価な化粧品から、人間にとって有害な物質が検出されたこともあります。その一方で、徹底したコスト管理により、品質は維持しながらも低価格を実現している商品も多くあります。コスメを選ぶときは、価格や広告にまどわされずに、安全面を重視して選ぶことが大切です。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年10月にWebアンケート。有効回答数107件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]