お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

トリハダ注意! 言われると寒すぎて笑いそうになるキザ男の「愛の言葉」10

ファナティック

ドラマや映画の中なら決まるキザなセリフも、日常生活で使われると、トリハダが立つほど寒気がするものです。できれば耳にしたくないキザなセリフについて、女性のみなさんに教えていただきました。みなさんも、寒い思いをされているようですね。

まるでドラマ

・「今夜また夢で逢おう。ドラマ等で聞きそうなセリフなので」(24歳/その他/事務系専門職)

・「”俺たち、どこかで会ったことない?”ドラマでは聞いたことがあるセリフだけれど、実際に聞くと、キザだなと思うから」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「君の○○にかんぱい。欧米かよ!と突っ込みたくなるから」(31歳/金融・証券/専門職)

どこかで聞いたセリフだと思えば、ドラマの中のセリフをそのまま言うキザ男もいるようです。「君の○○にかんぱい」なんてセリフ、どのドラマで使われていたのか、思い出すことすらできません。

自信満々

・「『俺にしなよ』。彼とのことを相談しているときに男友達に言われたが、よほど自信があるのだなと思ったので」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「俺のこと大好きだろ? どんだけ自信満々なんだ……」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「俺についてこい。それに見合った人なら問題ないが、頼りない生活能力の人が言ったらキザ」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

何を根拠にそれだけ自信満々なの?と聞きたくなるほど、自信たっぷりにキザな言葉をいう男性もいるみたいですね。あとでフラれることは目にみえているのですが、どこからその自信はやってくるのでしょうか。頭の中をのぞいてみたいものです。

爆笑

・「出会えたことに感謝系は笑う」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「函館西波止場に行ったときのセリフ。この夜景は君のためだよ」(25歳/食品・飲料/技術職)


他にもいろいろキザなセリフを言われた方が、いらっしゃるようですね。出会えたことに感謝してるなんてセリフは、実際にはあまり使うことはありませんよね。それを口に出す勇気があるあなたに、感謝したい!

愛してるよ

・「”愛してるよ”はキザったらしくて嫌だ」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「好きではなくて愛してるというセリフ。自分に酔っているように感じることがある」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

「好きだよ」というセリフまでは許せても「愛してるよ」までいくとキザに感じてしまう女性も多いようですね。日本ではなかなか「愛してるよ」のセリフは浸透していないため、よりいっそう浮いて聞こえるのかもしれません。

あまりにもキザなセリフを並べ立てられると、自分に酔っているだけじゃないの?と思わず突っ込みたくなるものです。セリフを言う前後のシチュエーションも、全て頭の中で考えていそうな気がするものです。恋愛をするなら、まず相手に酔わなきゃ、何も始まりません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数150件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]