お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

脱却したい……! 私って「都合のいい女」だなと思う瞬間5選

好きな男性から都合よく使われているなと思ったことはありませんか? 薄々「あれ?」と思っていても好きになった弱みだからか、誘われるとすぐに相手の元に行ってしまったり、「好きだからいいか」と開き直って相手と会っているという人もいるかもしれませんね。今回は、働く女性に「都合のいい女」として扱われているなと思う瞬間について聞きました。

相手が都合のよいよきに会う

・「一方的に連絡がきて、こちらからの連絡にはあまり答えてくれない。完全に向こうのペースになっているな、と思うから」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「相手の都合に合わせてばかりいるとき。我慢してばかりだと、相手の都合のよい関係になっているから」(32歳/学校・教育関連/技術職)

・「相手の都合でしか誘われない。こちらのことを考えてくれていなさそうだから」(29歳/自動車関連/技術職)

会うときはこちらの都合などお構いなしで相手の都合のよいときのみ。それでも相手の元に行ってしまっている女性もいるのでは? たまにはこちらから会う日を指定してそれ以外は会わない……としてもよいのかも?

急なお誘い

・「急なお誘いがきたとき。誰かにドタキャンされたんじゃないかと思う」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「会えるその日しか連絡がこない。前もって約束ができない」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「いきなり誘いがくる。キャンセルの埋め合わせかなって」(25歳/不動産/秘書・アシスタント職)

誰かの代わりなのか、急にお誘いがくることも。「いつ誘っても大抵来る」と思われているのも悔しいですね。

平気でドタキャン

・「約束を平気でドタキャンされたとき。自分のほうが優先順位が低いんだなと思わざるを得ないから」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

約束を簡単に破ったり、平気でドタキャンされたりしたら大事に扱われていない証拠です。お付き合いを見直したほうがいいですね。

家政婦扱い?

・「約束を簡単に破られたり、家事を強要されたとき」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「部屋の掃除を頼まれたとき。家政婦さんっぽく扱われたのに腹が立って、そのまま会わなくなった」(24歳/食品・飲料/専門職)

家事を強要する男性もいるらしいです。キッパリ断りましょう。

キープ扱い

・「彼女と別れた途端デートの誘いがくる。常にキープされていた」(22歳/生保・損保/事務系専門職)

彼女と別れたり、うまくいかなくなると連絡してくる男性も。そんな男性とはこちらから別れてやりましょう。

まとめ

さまざまな意見が出ましたが、自分のことを軽んじているという点は共通していました。キッパリ別れたほうが自分のためだとは思いますが、それでも彼のことを好きだからこのまま会い続けたいという女性も中にはいるかもしれませんね。その場合は、たまにはこちらから誘ってみる、向こうからの急な誘いは断るなど、自分が主導権を握ってみてはいかがでしょうか? 関係が変化するかもしれません。

(マイナビウーマン編集部)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数件112(22〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]