お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ずっとプロポーズを待ってるんだけど! 彼の愛を手に入れるために、女子が自分を偽ってもやってること3つ

ファナティック

自分から「結婚して!」と彼にストレートに言ってしまう男気のある女性も世の中には少なくないと思いますが、大半の女性は彼からのプロポーズを望んでいるもの。いつか彼からロマンチックなプロポーズを……なんて憧れてしまいますよね。そこで今回は女性たちに、彼からプロポーズしてもらうために、自分を偽ってでも頑張っていることについて聞いてみました。

家庭的な女子に見せる!!

・「家事を進んでやるふり」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「料理上手になるために特訓していること。実際はそんなに特訓してない」(28歳/生保・損保/事務系専門職)

・「料理ができるアピール。本当はほとんどできないけど」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「本当はズボラなのに、彼の家では掃除をやってあげる」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

実際にはあまり家事が得意ではなくても、それをあからさまにしてしまったら、家庭的な女性が好きな男性たちはすっと心が冷めてしまいます。コツコツ陰で努力して、結婚するときには本当に家事が得意になっておきたいもの。

結婚願望アピール

・「結婚願望があるように見せかけている」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「子供が早く欲しいなとか言ってみる。本当は欲しくないけど」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「結婚について口にしない」(24歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

結婚願望のアピールの仕方は、人によって工夫しなければなりません。「結婚願望がある!!」とストレートに伝えた方が「プロポーズしても失敗しない」と安心する男性もいれば、「ちょっと重すぎ……」と引いてしまう人もいるので、彼の性格を見極めましょう。

愛され女子

・「もっと会いたいのを我慢してなんでもないふり」(25歳/農林・水産/事務系専門職)

・「いいやつアピール」(29歳/金融・証券/事務系専門職)

・「かわいく見せる」(31歳/電機/営業職)

・「イライラしてもその場で言わない」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

彼の気持ちを上手くくみ取ることも愛されるには必要なこと。愛が深まれば自然と「結婚したい」という気持ちが湧きあがってくるはずです。

彼にプロポーズさせるためには、たった一つのことを頑張ればいい、というわけではありません。これから先、長い時間を共にすごしたいと思うには、さまざまな要素が必要です。彼にプロポーズされたいけれど、なかなか言ってこない、という人は、その努力が足りないのかも。ぜひ一度、自分の言動を振り返って、問題点を探し出してみてください。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数150件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]