お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 人間関係

同性から受けるセクハラ問題 女性が職場でされたこと

セクハラは男性から受けるイメージが強くありますが、実は同性からのセクハラも存在します。想像しづらい方もいるでしょう。受け取る側の問題という方もいらっしゃるかもしれません。今回は、同性間でもセクハラと感じた実例を紹介します。

 

<既婚女性に言いたい! 結婚、子ども、彼氏の話はセクハラです。>

既婚女性が若い女性を見るとついつい言ってしまうセクハラ事案が結婚、子ども、彼氏の話。聞かれた方は対応に困ってイヤな思いをしていることが多いようです。

■結婚や子どもはまだかと聞かれる

・「結婚しないのとか聞かれる」(29歳/情報・IT/技術職)

・「子供まだーコール。」(25歳/小売店/営業職)

・「いつ結婚するのかと既婚女性から聞かれる」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

既婚女性に多いのが結婚や子どもはまだかと聞いてくること。余計なお世話以外のなにものでもありません。実は自分の幸せ自慢をしたいだけなのかもしれませんよ。

■彼氏の有無や彼氏のことをやたらと聞きたがる

・「彼氏のことを執拗に聞かれる等」(24歳/専門サービス/事務系専門職)

・「彼がいるか等プライベートの話をされる」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「彼氏の人柄や出会いを探ってくること。」(28歳/機械・精密機器/技術職)

彼氏の有無や彼氏のことを聞いてくるのって、既婚女性や彼のいない人が多くないですか? 自分に足りない恋愛感情をあなたの話で満たそうとしているのかもしれませんね。自分に彼氏がいて聞いてくる人は、自分の話を聞いてほしいのかも。

<女性同士だからって気安くするのもセクハラです!>

女性同士ならセクハラにならないと勘違いしているか、まったく気にもしていないという人は危ないですね。気を許していると一線を越えた行為や発言をしてきます。

■胸を触る

・「胸を触られる」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「胸を触られること」(29歳/自動車関連/事務専門職)

・「胸を触られた。」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

意外と多かったのが「胸を触る」というセクハラ行為。女同士だからという言い訳は通用しません。毅然とした態度でやめてほしいと言うべきでしょう。

■胸のサイズや体型のことを口にする

・「太った、痩せたと言われることもセクハラと言えばセクハラかも。」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「胸のサイズをきかれること」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「体型をバカにされる」(30歳/製造/事務系専門職)

男性に言われるのも傷つきますが、同性だと余計に傷つく人もいます。しかしデリカシーのない発言の数々! 不愉快ですし、立派なセクハラですね。

まとめ

セクハラというと男性から受けるものというイメージがありますが、女性の方がためらいもなくセクハラ発言をしているのかもしれません。同性だからといってセクハラで訴えられないかといったら、そんなことはありません。自分の発言には十分注意したいですね。

(C.W.)

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数177件(22歳~33歳の働く女性)

※画像は本文と関係ありません

 

お役立ち情報[PR]