お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 人間関係

男性が職場でドン引きした女性の行動4つ

ファナティック

当たり前ですが、ほとんどの職場では男女一緒に働きますよね。勤務中、実は女子が何気なくした言動にドン引きしている男性がいることをご存じでしたか!? 自分も無意識のうちにしていることはないか、さっそくチェックしていきましょう。

上司とバトルする

・「上司に舌打ちしていて、オイオイ……と思って引いた」(26歳/農林・水産/技術職)

・「上司と女性陣との間に立って調整をしていたら、女性陣から『やっぱりあなたは上司の肩を持つのよね』と愚痴られたとき。ショックで立ち直るのに時間かかりました」(32歳/通信/事務系専門職)

・「『上司は使えねーし』と食堂で話していたとき」(28歳/自動車関連/技術職)

男性であればあまり逆らわないであろう上司にもバトルを挑んでいますね。怖いもの知らずなのか鈍いのか。男性から見ると肝が冷える行動のようです。

勤務中の私用

・「仕事中にネイルしてた」(37歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

・「デスクで化粧を直しはじめたときは、びっくりしました」(31歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「お菓子を食べているのを見たときにドン引きした。我慢できないの?と思った」(27歳/情報・IT/技術職)

身だしなみを整える時間が必要なのは女子ならでは。でも、せっかく化粧室があるのですから、忙しくてもそちらでお手入れしたほうが誤解を生まずに済むかも。

荒っぽい口調で話す

・「常に誰にでもケンカ口調で話していると引く」(32歳/小売店/事務系専門職)

・「けっこうきれいな人が仕事が気に入らなかったのか、ブツブツ文句を言いながらデスクの足元の奥をドンドン蹴っていた」(32歳/ソフトウェア/技術職)

・「『まだできてないのかよ』と怖い剣幕で言われてドン引きした」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

いわゆる女言葉からはかけ離れた口調で話すときだってありますよね。よっぽど怒っていたんでしょうが、男性を怖がらせるとかわいそうですよ。

男性の品評会をする

・「昨日のコンパの男のダメ出しを堂々としていたとき」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「会社にかっこいい男子いないよね~と大声で言う」(32歳/電機/技術職)

・「男をモノのように言う」(38歳/商社・卸/事務系専門職)

お互い様だと思いますが、女性視点から男性を評価することもあるかもしれません。ですが、せめて男性には聞こえないところで言うのはマナーですよね。

男性は職場で女子のこんな言動にドン引きしてきたんですね。あらためて見るとついやってしまいそうな内容が多いかも。女子の感覚ではアリでも男性にとってはナシの事柄はあるようです。気をつけましょう!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数110件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]