お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

私が知ってる不倫の修羅場13選 「奥さんがナイフで……」「ビラをまかれる」ほか

不倫はよくないことだとわかっていながら、やめられずにずるずると続けてしまう人も少なからずいます。しかし結末はたいていハッピーにはいかないのが不倫。しかもときとして修羅場になってしまうことも。そこで周囲で実際に目にしたり、話に聞いた不倫の修羅場について働く女性たちにアンケートしてみました。

不倫がもしバレてしまった場合、修羅場は避けられないものです。そしてその時には一体どんなことが起こったのでしょうか。気になりますね。アンケートの結果にはまるでドラマのようなさまざまな修羅場や結末のエピソードもありました。詳しくご紹介します。

<不倫がバレたらこんなことが…!>

■不倫がバレて会社で騒動に

・「社内不倫で奥さんから会社に電話がかかってきた」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「同じ職場の人と不倫していた友人は職場に奥さんが乗り込んできて大変だったらしい」(29歳/情報・IT/技術職)

・「男の人の方が、地方に左遷されていた」(29歳/小売店/事務系専門職)

・「ケンカ。しかも社内カップルだから結局一方が辞めたらしい。」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

不倫のきっかけに多いのは社内恋愛ですが、バレると当然会社で騒動が起こることにも。奥さんが乗り込んでくるという話はよく耳にしますね。また会社にバレると評価にも影響することもあるし、気まずくなって退職せざるをえないケースもあることを頭に入れておかなければなりません。

■不倫がバレた結果、離婚

・「奥さんにバレて、離婚。奥さんの学費代を負担させられた。」(29歳/機械・精密機器/営業職)

・「奥さんが鬱になって離婚した」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「不倫して別れを切り出された人がいた」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

不倫カップルが別れさせられる結果になってしまうのはもちろん、不倫によって夫婦が離婚してしまうことも多いです。そして中にはまるでドラマのような修羅場を体験したカップルや夫婦の姿も。その内容をご紹介します。

<事件にも発展!? ドラマみたいな修羅場>

■ドラマのワンシーンのように現場をおさえられた

・「不倫相手といたときに奥さんからかかってきた電話を切ったら、後ろに奥さんがいた時」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「二人でいるところを奥さんに見られてたたかれた」(31歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「知人が不倫旅行中に相手の両親にばったり会ってしまい、問いだたされたと言っていた。」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

不倫の現場をおさえられたという修羅場では完全に言い逃れができません。奥さんの方はすでに確信を持っていたものと思われますが……その後の展開がどうなったかが気にかかります。

■警察沙汰にもなる修羅場

・「奥さんがナイフを持って、友達の家に押しかけてきた。」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「喧嘩になって警察呼ばれて大変だったエピソードを知っています。」(25歳/小売店/営業職)

・「ビラばらまかれる」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

不倫相手の女は奥さんの立場からは到底許しがたい存在。感情的になった奥さんが事件まがいの警察沙汰を起こすケースも。慰謝料を要求されるだけでは済まないこともあるというのを肝に銘じておきましょう。

まとめ

さまざまな不倫の修羅場をご紹介しましたがいかがでしたか? 不倫はやっている当人だけでなく、周囲の人々も傷つけてしまう行為です。といっても中には既婚者であることを隠して交際をしようとするケースもあるのでよく注意しておかなければなりません。不倫の兆候が見られたら即かかわらない決断力も必要です。

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数177件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません。

お役立ち情報[PR]