お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

オシャレ男子は、とっつきにくい? 女子約7割⇒無頓着な男子と付き合いたい

ファナティック

スーツスーツ隣を歩く彼氏にはいつもファッションに気を遣ってほしい。おしゃれ感度の高い女子なら、そう思う方も多いのではないでしょうか。しかし、逆にこだわりが強すぎる男性だと、こちらも毎日気を抜けない状況になってしまい、難しいところですよね。というわけで今回は、ファッションへのこだわりが強い男性と無頓着な男性、彼氏にするならどちらが理想か、働く女子のみなさんに聞いてみました。

Q.「ファッションへのこだわりが強い男子」と「ファッションに無頓着な男性」彼氏にするならどちらのほうがいいですか?

・ファッションへのこだわりが強い男子……32.7%
・ファッションに無頓着な男性……67.3%

ファッションに無頓着な男性を選ぶ女子は67.3%と多い結果に。こだわりが強すぎるのは女子としても少し引いてしまうのかも。では、後者を選んだ人の理由を聞いてみましょう。

こだわりが強いと口出しされそう

・「こだわりが強い人だとこちらまでチェックされそうで、面倒だから」(26歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「こだわりが強いと、こっちもお洒落しなきゃいけない気がして疲れるから」(32歳/建設・土木・事務系専門職)

・「こだわりが強い人は、他人のファッションにもうるさく文句を言いそうだから」(33歳/医療・福祉/専門職)

ファッションにこだわりが強すぎると、こちらのファッションにも辛口な評価をされそうとの声。たしかに、いくら彼がオシャレでもこちらに干渉してくるのはちょっとイヤですよね。

自分が無頓着なので(汗)

・「自分が無頓着なのでこだわりが強い人とは合わない」(23歳/小売店/事務系専門職)

・「自分もファッションに無頓着だから」(26歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「自分があまりおしゃれではないから」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

自分もそこまでファッションに興味があるわけではないし、似たもの同士がいいという女子も。無理して背伸びするよりは、等身大の自分と付き合える相手のほうが気楽みたいです。

選んであげたい

・「自分の好きな服をすすめればいいから」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「一緒に買い物に行ってあげたい」(24歳/生保・損保/事務系専門職)

・「自分が素敵に見えるように直してあげたい。自分好みにできるので案外楽しいかも」(24歳/食品・飲料/専門職)

ファッションに無頓着なら、こっちが服を選んであげられる楽しさも。自分好みのファッションに彼を着せ替えることも可能です。

続いて、「ファッションへのこだわりが強い男子」と回答した人の意見です。

オシャレな人と歩きたい

・「一緒にいて恥ずかしくないほうがいい」(28歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「一緒に歩くなら、おしゃれな人がいいから」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「おしゃれな人と一緒に歩いているほうがテンションが上がるから」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

隣を歩くなら、オシャレな人と歩きたい。そう思っている女子からすると、ファッションにこだわりが強い男子と付き合いたいと考えるのだとか。

ある程度ファッションに興味を持ってもらいたいものの、こだわりが強い男子に対してはどこか引いてしまうところがあることがわかりました。隣に立っても自分らしくいられる相手と一緒にいることが大切なのかもしれませんね。あなたなら、どちらを彼氏にしたいですか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数205件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]