お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム デート・カップル

お母さんが厳しかった!?  男性が謎すぎてついていけない「女子トーク」4連発

オトナの定義、つまりなにをもってオトナと見なすのか? というときに、自己を客観視できるかどうかだと言っている識者がいます。女性として、同性はあたしのことをどう見ているのか?男性からはどうみられているのか?このへんの意識をもとに、客観的な自己像を構築してゆけるひとがオトナなのだと、ま、こういうことのようです。今回は、男性が謎に感じている女子トークに迫ります。あなたの客観的な自己像の構築の一助になりますように。さっそくご紹介しましょう!

1:痴漢に遇ったことを嬉々として話す

「ぼくの彼女は、女子会で痴漢に遭った話をしてきたと、ぼくに嬉々として語り、ぼくの前でもじぶんが痴漢に遭ったときの話を披露してくれます。謎」(25歳・教材販売)
良識のある(?)男性って「痴漢に遭った経験=女性として屈辱的な経験」だと思っているようで、あまり触れたがらない、あるいは聞くと失礼なことだと思っています。それを嬉々として語られた日には!ということですよね。

2:元カレのことを話す

「元カレのことをふつうに喋ってくるぼくの彼女には、驚きます。なぜ隠したがらないのか、謎です」(28歳・IT)
今のあたしを作った張本人のひとりは元カレだから……こういう理由を以前ある女性から聞いたことがありますが、たしかにそのとおりで、元カレって隠すものでもなければ否定すべき存在でもないと……正論を言えばこういうことでいいのでしょうか?

3:○人の男性に同時に口説かれている……

「ぼくの彼女は、ぼくと交際する前『あたしは今、○人の男性から口説かれていて』ということを正直に話してくれました。なぜこういうことをぼくの前で言えるのか謎です。ぼくだったら相手に失礼だから言わないです」(29歳・アパレル)
こういうのって、男性の嫉妬心や闘争心に火をくべようという女性ならではの魂胆があるのでしょうか?それとも女性の誠意としてってことでしょうか?

4:お母さんが厳しかった

「すごく美人な彼女から、以前『あたしの家は母親がすごく厳しかった』と聞かされました。すっごく謎に思います。『かわいくてやさしい今の彼女ができるまで』の過程に、厳しい母親がどんなふうに介在していたのか、女子の家庭ってホント謎に思うことばかりです」(29歳・広告)
「美人ができるまで」って、兄弟に女性がいないと、男性は皆目分からないんだろうと思います。

いかがでしたか? 男性はご紹介したような女性の話に謎を感じているようです。ということは、あたしはどういう自己像を持てばもっとモテるのか、理解できますか? 客観的な視点が強ければ強いほど、「いいオトナ」になれます。あなたがもっとステキなオトナの女性になりますように。

(ひとみしょう)

お役立ち情報[PR]