お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 メイク

外国人風メイクも簡単! 目がでかくなるアイメイク術3選

ファナティック

メイクでは何よりもアイメイクが重要ですよね。デカ目になるためにメイクテクを駆使しているという女性は多いと思います。でも、どうすれば目を大きく見せられるのでしょうか? 今回は、ちょっとしたコツで見違えるようなデカ目になれる方法を、女性たちに教えてもらいました。

<目がでかくなるアイメイク術>

■黒目の上下にポイントを

・「黒いアイライナーで囲みメイクするよりも、グレーやブラウンで上下目尻の3分の1描くとナチュラルで大きく見えます。外国人のメイクを参考にブラウンのアイシャドーで、二重ラインの少し上に影をつけると彫り深い目元に仕上がります」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

・「黒目の上下にほんのりアイラインを入れる」(23歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

・「目の下のラインを入れるときに、黒目の下あたりに入れる。まつエクの真ん中あたりを長めにする」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

アイラインで目をぐるりと囲ってしまうのは逆効果。目尻だけ、黒目の上だけなどにアイラインを入れるほうがナチュラルでデカ目効果があるとの意見がいくつか寄せられました。二重の女性は二重ラインとその上のまぶたのアイシャドーをキレイにグラデーションで入れると、さらにパッチリとした目元になれるようですよ。

■なりたい目に合わせてアイラインをひと工夫

・「アイラインを内側に濃く引くことやビューラーでまつ毛をしっかりあげること」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「アイラインを、目の上にブラウン、目の下にベージュを入れる」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「アイラインを猫のようにしている」(29歳/医療・福祉/専門職)

目の横幅が短いのか、縦の幅が狭いのかによってアイラインの引き方を変えるのもよさそう。横幅を伸ばしたいときには、実際の目尻よりも少し長めにアイラインを。縦の幅を広げたいときには黒目の上に引くなど、同じアイラインでも引く場所や太さで印象を変えられそう。上下で色を変えてみるというのもぜひ試したいテクですね。

■マスカラは2本使い

・「マスカラを塗るときに目尻のまつげを横に流して目の横幅を大きく見せようとしている」(23歳/自動車関連/技術職)

・「アイシャドーとマスカラをしっかりつけて大きく見せる」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「マスカラを2つ使う」(32歳/その他/事務系専門職)

パッチリ目には欠かせない長くて濃いまつげ。2本使いでさらにデカ目効果を狙うという女性もいるようです。目尻にロングタイプのマスカラをつければ切れ長風、黒目の上あたりにつければドールアイなど、つける場所によって目の印象が変わってきますね。

<まとめ>

目を大きく見せるためには、テキトーにアイラインを引くだけ、アイシャドーを塗るだけではダメなよう。きちんと上記のようなテクを使えば、同じアイテムでもデカ目効果はしっかりと発揮できるかもしれません。目の横幅を大きく見せたいのか、縦にパッチリ見せたいのかによっても方法は変わってくるので、まずは自分がなりたい目元をイメージすることが大事ですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数168件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]