お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女子がじつはこっそり実践してる! キスのテクニック5

ファナティック

カップル好きな人とキスをするとき、少しでも相手にも気持ちよくなってもらいたいと思うもの。彼に「おっ」と思われるようなキスのテクニック、あなたはどんなものを持っていますか? 今回は、大人女子のみなさんにじつは使っているという、キスのテクニックを教えてもらいました!

キス+ハグ

・「キスをしているときに抱きしめると凄く喜ばれます」(31歳/その他/その他)

・「キスした後に笑ったり抱きしめたりする」(25歳/その他/その他)

キスをしながら抱きしめると効果大。ただキスをされるがまま、受身になるだけではなく、反応を返すことで彼も喜んでくれるのだとか。

ボディタッチも忘れずに

・「キスをしながら、相手の肩をもつ」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「キスをしながら耳たぶをもむ」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「やさしく腰や腕などに触れる」(33歳/医療・福祉/専門職)

キスの最中に頬や耳たぶにタッチ。軽く触れることで彼のテンションも上がって気分が盛り上がるはず。

かわいくおねだり

・「もう一回と二回目をねだる」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

自分からねだるのは恥ずかしいと思うかもしれませんが、こちらも乗り気であることを伝えれば、彼も応えてくれるはず。

最初は軽く……

・「初めは軽く触れるくらいにする」(27歳/電機/事務系専門職)

最初は軽く、2回3回と回数を重ねるごとに深くしていくテクニック。いきなりフルスロットルでは彼も引いてしまうこともあるようで、徐々にエンジンをかけていく方法がスマートなのかも。

きちんと反応する

・「雰囲気に合わせて長さや深さを変えてみる」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「自分からいかずに、応えるようなキスをする」(28歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

してもらう側というのも、何もしなくていいわけではなく、きちんと反応を見せることが大切。彼が喜んでくれたら大成功です。

いかがでしたか? キスひとつでも実は気をつかっているキスのテクニックがたくさんあることがわかりました。ただのキスと思っていても、テクニックの使い方によっては相手を虜にできるはず。これらを参考にして、あなたもキスを上達させてみませんか。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数205件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2015年10月24日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE