お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ゾゾッ! 男性から言われて思わず寒気がした言葉12

ファナティック

言葉は聞いて覚えていくもの。その中から適切なものを選んで相手に伝えることでコミュニケーションします。でも、男性から寒気のするようなことを言われるときってあるんですよね。言葉とシチュエーションをまとめました。

お前を殺す編

・「『死んで』と言われたときは引いた」(23歳/不動産/事務系専門職)

・「浮気したら社会的に抹殺する」(30歳/生保・損保/事務系専門職)

・「『殴るぞ』こわかった」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

言っているほうは軽い気持ちでも怖いですし、本気だったらなおさら怖いですよね。暴力をにおわせて相手を怖がらせる発言はアウトです。

怖すぎるストーカー編

・「お前の家を毎日見ているぞ。カーテン変えたみたいだけどオシャレだな」(25歳/運輸・倉庫/技術職)

・「たまたま飲み会で席が2回連続隣になっただけなのに、同期の男子に、『俺のこと好きでしょ』と言われた。全然タイプでもなく、むしろ嫌いなタイプだったので鳥肌が立った」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「職場のそんなに親しくもない男性に、『次の女性がん検診ってそろそろだっけ』と言われたときはさすがに覚えているのかとゾッとした」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

好きでもない相手から受ける好意はやり場がないですよね。でも、相手は一方的に思い込みを進展させて犯罪につながることだってあります。要注意。

少女漫画のセリフ編

・「『困ったことがあったら俺に言えよ。俺じゃだめか』と耳元で言われた。本気で鳥肌が立ってしまった。好きではない人に言われたら素敵な言葉と言われていることもそうではなくなるものだと感じた」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「飲み会の帰り道に同僚から『君と僕とは昔から赤い糸で結ばれていたんだね』と言われて寒気でゾクッとした」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「初対面で『君の目が好きで気になるようになったんだ』って言われて少女マンガかよって思った」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

少女漫画の実写かと思うようなセリフですが、俳優でもないのにそのセリフはキツいです。言葉だけまねすればいいのではないですよね。

ドン引き! エッチ編

・「『スケベしよう』と言われたときは言い方が下品すぎて鳥肌が立ってしまいました」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「『俺、3人も中絶させたことある』酔ったときにモテ自慢が始まったけど、引いた」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「『ずっと前からしたいと思ってた』と体目当ての発言を2人きりのときにされた」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

体目当てだったなんて思える発言はつらいですよね。やっぱり好きな人とは精神的に結ばれたい思いがありますし、思っていても言ってほしくないですね。

まじめな人がモテようとするととんでもなく的外れな発言をすることもありますし、つい出してしまった本音が好ましくない場合もあります。いずれにせよ、こういった発言をする人とは関わりたくないですね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数164件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2015年10月17日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE