お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

えっ、ウソ……女子からのプロポーズ、「うれしい」⇒●●%! 男性のホンネは?

ファナティック

こちらは結婚する気まんまんなのに、一向に彼からのプロポーズがない……。そんなときはもうこっちからプロポーズしてしまおうかと考える女性もいるのでは? というわけで、今回は社会人の男性に「女子からのプロポーズ」について聞きました。

Q.「女子からのプロポーズ」はうれしいですか?

うれしい……74.4%
うれしくない……25.6%

7割以上の男性が、女子からのプロポーズはうれしいと回答しました。それぞれの理由を見てみましょう。

<「うれしい」と回答した男性の意見>

■自分のことを好きだという証拠

・「自分のことをそれほど思っていてくれてるということなのでうれしい」(28歳/情報・IT/技術職)

・「それなりの決心があってのことだから」(30歳/機械・精密機器/技術職)

女性にとってもプロポーズを自分からすることはとても勇気がいることです。それでも実行に移すのは、それだけ彼と結婚したいと感じているから。受け身でいるよりもずっと結婚に対する強い希望と覚悟があると感じる男性も多いでしょう。

■勇気がないので、できることなら……

・「自分でいうのはプレッシャーだから」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

・「自分に自信がないので」(31歳/情報・IT/技術職)

プレッシャーに感じるというのはわかる気がします。確かに、プロポーズは男性がするものと決まっているわけではありません。

<「うれしくない」と回答した男性の意見>

■プロポーズは男の務め

・「男のプライドと立場があるから、こっちからしたい」(26歳/農林・水産/技術職)

・「プロポーズは男性がするものだから」(26歳/電機/技術職)

時代が変わっても、やはりプロポーズは男からするべきと思っている男性もいます。このような考えの男性には自分からプロポーズをすることは避けたほうが賢明でしょう。「俺からしようと思っていたのに」と、残念な思いをさせてしまうかもしれません。

■自分のタイミングがある

・「場合によるが、自分の結婚したいタイミングじゃないかもしれないから」(37歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「それって親にあいさつに行けってことよな……と思うと億劫でならないから」(36歳/機械・精密機器/営業職)

女性からすれば「こっちのタイミングは無視ですか?」と問いたくなりますが……。

賛否両論ある女子からのプロポーズですが、それ以前にお互いが結婚の意志があって付き合っているかどうかがポイントになります。女性からのプロポーズに抵抗がある男性も確かにいましたが、少数派のようです。結婚の意志があるにもかかわらずなかなか煮え切らない彼には、こちらからプロポーズするのもアリかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年9月にWebアンケート。有効回答数121件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]