お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 好かれる美人

まだまだ修行が足りない! 「あこがれの大人の女性」になるために必要なこと4つ

ファナティック

仕事とプライベートを両方楽しんでいたり、何でも知っている博学な先輩女性にはあこがれますよね。「自分もいつかは素敵な大人の女性になりたい!」と思っている後輩女性も多いのではないでしょうか。そこで今回は「あこがれの大人の女性」になるために必要だと思うことを、女性のみなさんに聞いてみました。

■知識や教養を身につける

・「常識をもっと学ぶ。自分には常識が足りないと思ってるのでもっと勉強したいから」(26歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「知識や教養を身につけること」(28歳/食品・飲料/技術職)

・「教養と常識があること。マナーがしっかりした人にあこがれるから」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

世間一般の常識はもちろんですが、いろいろなことを知っていたり教養がある女性は素敵ですよね。本や新聞を読んだり、ネットで知らないことを調べるなど、日々の積み重ねが大事です。

■心に余裕がある

・「幸せで、心に余裕があること」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「落ち着き。女性としての余裕みたいなものも必要だと思う」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「俯瞰する力。よく上司に言われる」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

まだ新人のころは仕事を覚えることでいっぱいいっぱいで、心に余裕を持つのは難しいですが、ある程度の経験を積んだら生まれるのが「心の余裕」。まわりを俯瞰で見る目を養うと、大人の女性に一歩近づきそうです。

■立ち居振る舞いがキレイ

・「品がある。立ち居振る舞いがキレイ」(33歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

・「身のこなしを優雅にする」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「仕草もレディになる」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

どんなにキレイに着飾っていても、大股でガシガシ歩いたり大口を開けてガハガハ笑っていては「あこがれの大人の女性」には程遠いですよね。身のこなしが優雅だったり仕草が美しいと、それだけで「品のある女性」と思われそうです。

■コミュニケーション能力をつける

・「うちのことも会社のことも友だちもすべてうまくいくコミュニケーション能力」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「人間関係をうまく構築できる力を身につけること」(27歳/機械・精密機器/技術職)

職場の人間関係だけではなく、プライベートな人間関係を良好に保つことができるのも「大人の女性」には必要です。苦手な人ともきちんとコミュニケーションできるようになれば、仕事もプライベートも怖いものなしですね。

知識や教養、心の余裕や立ち居振る舞い、コミュニケーション能力など、女性が考える「あこがれの大人の女性」に必要なことにはいろいろなものがありました。どれも「素敵な女性」になるためには持っておきたい要素ばかりです。まずは、男性からも女性からも好かれる女性を目指して、日々努力しましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数153件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]