お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

オトコの純情、散る……。好きな女性にスルーされてしまった男性の好き好きアピール4つ!

ファナティック

「好きな男性が、自分の恋心にまったく気づいてくれない!」「男性って、なんて鈍感なの!?」と思っている女性のみなさん、実はまったく同じことを考えている男性もいるのです。好きなことをアピールしているにもかかわわらず、スルーされてしまった経験を、社会人の男性に聞いてみました。

■視線だけでは気づかない?

・「チラチラと見る行為。ある意味当たり前だけど……。どこかで言葉がないとやっぱり難しいもの。結局片思い止まりのただの同級生に終わる」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)
・「相手が、自分の笑顔を気持ち悪いと思っていたらしい。仕方なくあきらめた」(28歳/情報・IT/技術職)

視線や笑顔だけで「この人、私のこと好きかも」と思う女性はどのくらいいるのでしょうか? 思ったとしても自意識過剰も、思い過ごしかも、と考えるケースも多いので、はっきりした返事は告白されなければできないのも事実です。

■勇気を出して誘ったのに

・「食事に誘ってもすべて断られた。誘うのをやめて、話さなくなりました」(31歳/運輸・倉庫/技術職)
・「高いレストランに食事に誘っているのに、普通に既読スルーされた。2回ぐらいスルーされたので、あっさりあきらめました。取引先のお客さんでした」(36歳/機械・精密機器/営業職)

女性側にその気がなければ、うまい具合にスルーされてしまう食事のお誘い。気になる男性なら無理して予定を調整してでも行きますが、そうでない場合は、よほどな理由がない限りスルーする女性も多いでしょう。下手に期待を抱かせても悪い気もしますし……。

■既読無視は当たり前?

・「メールを送ったが無視される。何度も送る」(33歳/機械・精密機器/技術職)
・「ラインやツイッターで頻繁に返信をしていると、そのうち既読無視になったりリプライが来なくなったりしたことがあります。適度の関係を維持するのには、内容を吟味した返信が必要ということを覚えたので、めったやたらに返すのではなく、印象に残ってかつさらに返信しやすいように書くようになりました」(37歳/金融・証券/営業職)

メールやラインは、相手との温度差がないことが重要です。一方的に質問攻撃されたり、好意を押し付けるような内容には返信したくないという女性も多いでしょう。

■ここまでやってスルーなんて……

・「2人きりのときに気になるとは伝えた。普通に『ふーん』で終わり、たまにLINE送っても返信ない」(28歳/小売店/販売職・サービス系)
・「気になる人に『本当にかわいいよね』と何回も言った。その人は笑ってごまかすだけなので、何も進展がなかった」(28歳/情報・IT/技術職)

スルーというよりはもはや避けられているのでは……? と思えるような話ですが、好きアピールも程度を越えると、ただのしつこい人になってしまいます。そうなってしまわないためにも、こういった態度が女性側からの返答だったのかも?

いくら自分の気持ちに気づいてもらいたいからといって、相手の都合を無視した好きアピールは、スルーされてしまう可能性大です。はっきりとした返事がほしいなら、思い切って、玉砕覚悟で気持ちを言葉にすることも必要かもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年9月にWebアンケート。有効回答数131件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]