お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

メイクするほど逆効果!? 男子に「ケバい」扱いされがちな女子5パターン

ファナティック

ガールあまりにもドきついメイクやファッションの人を街で見かけたとき、思わず二度見してしまったことはありませんか? 今回は男性のみなさんに「うわー、ケバいな」と思わず驚いてしまった女性の特徴について、聞いてみました。わりと日常で女性のみなさんがやっているあのメイクもNGなようです!

■つけまつげが…

・「つけまつげがゴツイ」(31歳/電機/技術職)

・「つけまつげがデカすぎる」(37歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「つけまつげが多い人」(29歳/建設・土木/事務系専門職)

・「つけまつげをしていること。マツエクはそんな感じはしない」(25歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

つけまつげが顔の印象から浮いてしまってる女性はよくいますね。顔に馴染ませるためには、目の幅に合わせて切るといった工夫も必要です。つけまつげは、まぶたのたるみを加速させるので要注意。

■アイメイクが…

・「アイメイクがゴテゴテ」(28歳/自動車関連/技術職)

・「アイメイクがくどい」(32歳/小売店/事務系専門職)

・「パンダみたいな目をしている女性」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

・「アイラインがひどい。粉がふいている」(29歳/情報・IT/技術職)

やりすぎて目が黒いかたまりになっている女性も見かけますね。ついついやりすぎてしまうという女性は、我慢して半分にしてみてください。思ったよりいい仕上がりに、意外と自分も馴染みます。

■ファンデーションが……

・「塗りたくっている女性」(32歳/食品・飲料/技術職)

・「塗り壁みたいなお化粧かな」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「ファンデーションの量なのか、首の色と顔の色が違う」(37歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「化粧ののりが悪い」(29歳/自動車関連/技術職)

ファンデーションの良し悪しは、お肌の状態に大きく左右されると思います。しっかり落としてしっかりケアする習慣は大切です。また、これらの化粧品を買う際は、毎回、店員さんに色を見てもらうといいかもしれません。

■そもそもメイクが……

・「化粧が濃すぎる」(31歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「化粧が不自然に濃い」(29歳/食品・飲料/営業職)

・「化粧した顔とすっぴんの差が激しい人」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「化粧を落としたら別人だろうなと思ってしまった」(32歳/情報・IT/技術職)

化粧の濃さとコンプレックスは比例するものです。濃いひとほど、それなりのコンプレックスを抱えていたりします。そのおかげでメイクの高い技術が見につく女性も多いですね。研究あるのみ!

■メイク以前に雰囲気が……

・「原色の服を着ている」(31歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「香水がくさい」(38歳/電機/技術職)

・「髪を金髪に染めている」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「ヴィトンのバッグ、汚い茶髪、でかいサングラス、でかいハット」(31歳/食品・飲料/技術職)

パッと見、ケバい。通りすがりに、ケバい。個性との境目が難しいところではあります。

いかがでしょうか。男性もよく見ていますね。今回は、「ケバい」というイメージに対して、化粧にかかわる回答がほとんどでした。化粧が与える印象って大切ですね。化粧といっても、方法はひとつではなく、人によって同じ化粧でも印象は千差万別。自分の顔にあった化粧を研究するのもいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年9月にWebアンケート。有効回答数111件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]