お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

チュッ、もう朝だよ♪ 彼を気持ちよく起こしてあげる方法4選

ファナティック

彼と一緒に朝を迎えた日は、できれば彼を気持ちよく起こしてあげたいと思いますよね。彼を気持ちよく目覚めさせてあげることができたら、あなたに対する気持ちがさらに高まるかも? 今回は、彼を気持ちよく起こしてあげる方法について、女性のみなさんに聞いてみました。

<彼を気持ちよく起こしてあげる方法>

■キスをする

・「おはようのキスをする」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「軽く顔全体にキスして起こす」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「ぎゅっと抱きしめてからキスして起こす」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「軽くキスをしてちょっと抱きしめるとその気になって起きあがってくる」(32歳/その他/クリエイティブ職)

なかなか起きてこない彼には、キスして起こすのが一番。王道とも言えますが、男性支持の高い起こし方ではないでしょうか。

■やさしく起こす

・「カーテンをあけて、やさしく声をかける」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「心地いい音楽を鳴らして、やさしく起こす」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「声はかけずに少し体に触れる」(26歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「やさしいタッチで起こしてあげる」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

休みの朝ぐらい、とにかくゆっくり眠りたいと思う男性は多いもの。ムリやり起こすのではなく、やさしく声をかけてあげると、彼もいい気分で目覚めることができるはず。

■コーヒーを淹れる

・「コーヒーを淹れてあげる」(33歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「コーヒーの匂いで起こしてあげると喜ぶ」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「コーヒーや朝ごはんなどいい香りをさせて、部屋を明るくする」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

眠いときに起こされると不機嫌になることも少なくありません。そんなときに効果的なのが、コーヒーの香り。下手な目覚ましをかけるより効果があるかも?

■ごはんを作る

・「おいしい朝ごはんを作って、『ごはんできたよ』と起こす」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「朝食をつくって、コーヒーを淹れてから起こす」(32歳/金融・証券/営業職)

・「おいしそうな料理の匂いを漂わせる」(30歳/その他/事務系専門職)

おいしい匂いにつられて、つい目覚めてしまう男性も多いようです。自然に起きることができるので、気持ちよく目覚めることができることでしょう。

<まとめ>

朝は彼が目覚めるまで一緒にゴロゴロしているという人もいましたが、たまには少し早起きをして、彼を気持ちよく目覚めさせてあげると、あなたの意外な一面に喜びを感じてくれるかもしれません。寝起きが悪い彼にも効果がありそうなので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数166件(22歳~34歳の働く女性)。

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE