お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

これだけは外せない! 女子が好きな男性に対して「これだけは知っておきたい」こと 2位「年齢」

ファナティック

男性にもとめるもの合コンや友達の紹介などで知り合った男性。まず最初に、あなたならどんなことを知りたいと思いますか? 結婚を考えているなら年収や年齢、そうじゃないなら仕事のことや趣味のことなどいろいろありますよね。そこで今回は「出会った男性に対して『これだけは知りたい』と思うこと」について、働く女性の皆さんに聞いてみました。

Q.出会った男性に対して、あなたが「これだけは知りたい」と思うことを下記から1つだけ教えてください。

第1位「職業」37.6%
第2位「年齢」21.2%
第3位「年収」14.6%
第4位「家族」9.7%
同率4位「趣味」9.7%
※6位以下省略、その他を除く

約4割の女性が「職業」と回答して第1位になりました。「年齢」「年収」が後に続きます。どうしてそう思うのか、詳しい理由を聞いてみましょう。

第1位「職業」

・「職業がわかればある程度の年収や学歴が想像できるから」(32歳/金融・証券/営業職)

・「どんな仕事をしているのか単純に気になるから」(32歳/不動産/専門職)

・「いくら稼いでいても、人をだますような悪い仕事だと嫌だから」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

多かったのは「職業がわかれば年収や学歴など大体がわかる」という意見でした。どんな業界で仕事をしているかがわかれば、なんとなくでもその人の情報がわかりますよね。いくら年収が高くても「人をだますような悪い仕事」だったらお断りです。

第2位「年齢」

・「あまりに年齢がちがうと話が合わなそう」(33歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

・「年齢差は価値観の一致に重要だと思う」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「自分より年上なら敬語を使わなければならないので」(28歳/機械・精密機器/技術職)

第2位の「年齢」と回答した人からは「年齢差があると話が合わなさそう」や「価値観の一致に重要」という意見がありました。あまりにも年上すぎたら会話が成り立たなさそうだし、年下すぎてもジェネレーションギャップを感じてしまいそうですよね。

第3位「年収」

・「ある程度年収が高い人がいいから」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「あまりに低いと、結婚の対象ではなくなるので」(27歳/その他/その他)

・「年収は結婚後の生活に大きく影響するから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

第3位にランクインした「年収」と回答した人の中で多かったのは「あまりに低いと結婚の対象ではなくなる」など、結婚を現実的に考えている意見でした。結婚を真剣に考えてお付き合いするなら、やっぱり相手の年収は気になってしまいますよね。

出会った男性に対して「これだけは知りたい」と思うことは「職業」が一番多い結果となりました。何の仕事をしている人かわからないと、そもそも話題もないし相手のことを知ることもできないですよね。ほかにも年齢や年収など、ある程度の基本情報は知りたいと思う女性が多いようです。でも出会ったばかりの男性に、いきなり年収を聞くのは嫌がられるので避けましょう!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数165件(22~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE