お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

元彼からのプレゼント、売ったことがある人は○% 「いらないから処分した」「気持ちを切り替えたくて」

ファナティック

元彼のもの売却彼氏からもらったプレゼントは、大事に使ったり取っておいたりするものですが、中には処分するために質屋などで売ってしまう話も聞いたことがありますよね? 実際のところはどうなのでしょうか? 女性たちにアンケート調査をしたところ、こんな結果になりました。

Q.彼氏からもらったものを売りに出したことはありますか?

「はい」13.4%
「いいえ」86.6%

多くの女性たちが「いいえ」と答える中、少数派ではありますが、売りに出した経験があるという人もちらほら。経験ありの女性たちに、どんな気持ちで売りに出そうと思ったのか、それぞれの事情を話してもらいました。

いらないから処分した

・「別れたら、高く売れそうなものは売る」(33歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

・「別れたのでブランドものの財布を売った」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「別れた後で、時計をもらったのを捨てられないので質屋で買い取ってもらった」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

別れた後に彼氏からもらったものを売りたくなく気持ちはよくわかりますよね? 気持ちの整理のためにもどうにかしたいけれど、捨てられない高価なものは、こんな処分の仕方もアリかもしれません。

気持ちを切り替えるため

・「シャネルのバッグと腕時計。別れた次の日に、あまりのムカつきさに質屋に売って現金にしました」(33歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「元カレと別れたときに、プレゼントでもらったエルメスの時計を売って、そのお金で失恋旅行に行った」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「別れてから、もらったカバンや服を売った。売ってスッキリした気分になった」(32歳/医療・福祉/専門職)

失恋して悲しい気持ちや彼氏への未練を断ち切るために、という女性もいるよう。物を売ってスッキリできるなら、売りに出すのもひとつの方法ですよね? 気持ちを切り替えて、次の恋へ進みましょう!

実は好みじゃなかった……

・「高級ブランドバッグなど。デザインがよくなかった」(24歳/その他/事務系専門職)

・「別れてから何年もたち、もともと趣味じゃなかった指輪を。ちょっと寂しい気がしました」(28歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

彼氏にもらったものとはいえ、実はあまり好みじゃなかった……というものもあるかもしれません。彼氏に対して好きな気持ちがあったからこそ取っておいた品物は、別れたのをきっかけに処分の対象になっても仕方ないのかもしれませんね。

彼氏からのプレゼントを売るきっかけは、ほとんどが「別れたから」というものでした。気持ちが冷めてしまうと、それまで大事にしていたものへの気持ちもなくなってしまうのかもしれません。失くした恋の思い出に浸るのもいいですが、潔く処分してしまうのもひとつの方法です。売って手に入れたお金を自分磨きのために使うのも、悪くないですよね?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数217件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE