お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【二子玉川手土産】幸せな甘~い香りでみんなが笑顔に。ひとつひとつ手作りだから一層おいしい「ミニトリプルコンボ」

高橋瑞穂/六識

シアトルで誕生し、世界56カ国で愛されているシナモンロールを作り続けているシナボン。店頭でライブ感たっぷりに作り上げる焼きたてのシナモンロールは、粗熱を取ったあと、お持ち帰り用ボックスに詰められる。

シナボンのおいしさの秘密は、特別なシナモンを使っていること。バイヤーが世界中を旅して出会った、インドネシアのマカラシナモンが、リッチなアロマとフレーバーを生み出している。

今回ご紹介するのは、通常のシナボンより小さなサイズの「ミニトリプルコンボ」(6個入り・1750円)。3種類の味が2個ずつ入っているので、選ぶのも楽しい。味は、クリームチーズフロスティングをコーティングしたミニボンクラシック、カリカリのピーカンナッツとキャラメルフロスティングをトッピングしたミニピーカンボン、特性のチョコレートペーストを包み込んだミニチョコボンの3種類。

電子レンジで温めると、スイートなアロマが引き立ち、しっとりもちもちとした食感になるので、お泊り会をした朝、出してあげても喜ばれそう。熱いコーヒーと一緒に至福のひとときを。

シナボン
住所 東京都世田谷区玉川1-14-1二子玉川ライズS.C.テラスマーケット2F
電話番号 03-6431-0955

(文:高橋瑞穂、撮影:瀬尾直道)

高橋瑞穂/六識

編集プロダクション「六識」所属。編集・ライターとして、旅系、グルメ系を中心にWEB、書籍を中心に活動。ハワイ、台湾など、ガイドブックの編集が得意。女の子が楽しめるインド情報を発信する「インドルーム」というユニットでも活動中。

この著者の記事一覧 

SHARE