お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男子はどっちがお好き? 「文化系女子」or「体育会系女子」

ファナティック

自転車インドアな趣味をじっくりと楽しみたい「文科系女子」と、身体を動かすことが大好きな「体育会系女子」。どちらを彼女に選ぶのかで、お付き合いの雰囲気はガラリと変わってくるものです。世の中の働く男性たちが好きなのは、ぶっちゃけどちらのタイプの女性なの? 男性たちの本音を、アンケート調査してみました!

Q.「文化系女子」と「体育会系女子」どちらのほうがタイプですか?

「文科系女子」……55.2%
「体育会系女子」……44.8%

「文科系女子」の方が、やや人気が高いことがわかりました。それぞれを選んだ理由もチェックしてみましょう。

<タイプなのは、ズバリ「文科系女子」!と思う男性の意見>

おっとりしたイメージ

・「品が際立ってそう」(32歳/商社・卸/営業職)

・「おっとりおしとやか、というイメージがあり、そのほうがタイプなので」(37歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「しっとりしていて癒し系の方が好きだから」(32歳/通信/技術職)

文科系女子に対して、「おしとやか」「品がある」「清楚」など、ポジティブなイメージを持つ男性が多いようです。実際には……ギャップがあるケースも多いのかも!?

同じ雰囲気で

・「自分も文化系なので、そっちのほうが趣味が合うから」(35歳/情報・IT/技術職)

穏やかに過ごしたい文科系の男性にとって、体育会系女子とのお付き合いは、少々ハードルが高いイメージがあるよう。趣味が合う相手とのほうが、会話も盛り上がることでしょう。

体育会系のノリはちょっと……

・「体育会系女子だと相談しても『気合いでなんとかしろ』と言われそうだから」(29歳/不動産/その他)

・「まわりの体育会系の方は、すぐに飲み会やら行きたがるので面倒臭い」(22歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

学生時代に目にした、いわゆる「体育会系のノリ」に対して、苦手意識を持つ男性たちの意見です。価値観がちがえば、お互いを理解し合うのは難しいもの。「文化系」と「体育会系」には、想像以上に深い溝がある!?

では次に、「体育会系女子」を選んだ44.8%の男性たちの意見をチェックしてみましょう。

<タイプなのは、ズバリ「体育会系女子」!と思う男性の意見>

健康的なイメージ

・「体育会系で適度に身体を動かしているほうが、健康的でいいから」(33歳/電機/技術職)

・「活発なイメージの子と一緒にいると楽しいから」(27歳/情報・IT/技術職)

「文化系」がおっとりなら、「体育会系」は元気はつらつ!といったイメージでしょうか。ヘルシーな魅力の虜になる男性も多いようですよ。

一緒に!

・「スポーツの話題で盛り上がれるから」(26歳/農林・水産/技術職)

・「一緒に趣味のテニスを楽しめそうだから」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

アウトドアな趣味も、スポーツも、恋人と一緒に楽しめたら、きっともっと楽しいはず! こんな意見が目立ちました。一緒に汗をかいて笑いあえたら、二人の絆も深まるでしょう。「デートで退屈」なんて残念な事態も、避けられますよね。

男性たちが語る「文化系女子」と「体育会系女子」、それぞれの魅力はいかがでしたか? 自分自身の魅力について、しっかりと認識しておくことで「アピールするべき点」も見えてくるはず。ぜひ今後の「モテ」に生かしてみてくださいね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年9月にWebアンケート。有効回答数125件。22歳~39歳の社会人男性)

※この記事は2015年09月24日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE