お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

はぁ、子どもかよ…… 「この人、精神年齢低いな」と感じた瞬間4選

ファナティック

やれやれ一般的に男性よりも女性のほうが精神年齢が高い、なんていわれることがありますが、日常のさまざまなシーンでそれを痛感している女性も多いようです。彼氏やダンナさんに対して、精神年齢が低いな、と感じたことを女性のみなさんに聞いてみました。

子どものような言動

・「自動車、飛行機など乗り物に乗ると喜ぶところ」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「喧嘩をしたら、すぐにすねてわざとらしい行動をすること」(29歳/医療・福祉/専門職)

男はとにかく乗り物が好き。鉄道博物館に足しげく通ったり、空港のスカイデッキがお気に入りの場所だったりするのです。その姿は幼いころから変わりません。自分の思い通りにならないとすぐに拗ねる癖もそのままです。

好きなものが変わらない

・「いまだにゲームが大好きで時間さえあればスマホでゲームしてること」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「未だに漫画を読んでいること」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

子ども時代の娯楽は一生の娯楽。彼らにとってはファミコンがスマホに変わっただけのことです。忙しく生活しなければいけない大人になっても時間を忘れて好きなことに没頭できるなんて、本当は羨ましくもあります。

気分が安定しない

・「とにかく自分が正しいと思っていたり、相手に対してむきになる事があるとき」(27歳/その他/その他)

・「ほかの男性をほめるとムッとする」(31歳/学校・教育関連/クリエイティブ職)

男性の気分はコロコロ変わります。女心は秋の空なんてものではありません。調子がいいときはヘラヘラしているのに、何気ないきっかけで機嫌が悪くなったり、その扱いはまるで幼い子どもを相手にしているようです。

彼女とお母さんの区別があいまい

・「お母さん的な世話をしないといけないとき」(33歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「なんでもしてもらえると思っているとき」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

付き合いはじめこそ、気を張って男らしい自分を見せていても、慣れてくると彼女に母性を求める男性の多いこと。ベッドに寝転がって持ってきてほしいものを単語で連発されると「私はあなたのお母さんじゃない!」と言いたくなりますね。

どんなに年上の男性でも、心に秘めた少年性を隠すことはできません。「大人の男」なんて、本当はいないんじゃないかとさえ思ってしまいます。この男性の特性を、かわいいと思うか頼りないと思うかは、あなた次第です。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数208件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE