お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

思わず赤面……! 女子がデート中にやってしまったハプニング4選

ファナティック

彼とのデートの時間は、できれば楽しくスムーズに過ごしたいものですよね。なのについ、やってしまった!なんてことが起きてしまうことってありませんか?今回は女性に、デート中にやってしまったハプニングについて、いろいろ教えてもらいました。

■お腹を壊す

・「お腹を壊してトイレと友達」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

・「お腹痛くなって、風呂やトイレから出られないときはごめん、って思います」(29歳/その他/その他)

・「デート中におなかが痛くなって、10分くらいトイレにこもった」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「トイレに何度も駆け込んでしまった。彼氏が心配してました」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

こればっかりは、体調だけでなく緊張などの精神的なものもあるので、簡単に予防するといったことも難しい場合もありそうです。ですが、心配してくれる優しい彼氏だったら、恥ずかしいかもしれませんが、いい思い出になるかもしれませんね。

■生理になる

・「予期していなかった生理になりパンツが汚れてしまったりと焦った」(29歳/情報・IT/技術職)

・「デート中に急に生理になり、洋服を汚してしまった」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「彼と植物園デートしていたときに生理の経血の量がひどくて貧血に。生理痛もひどくてしばらくトイレにこもってしまい彼も真っ青な私の顔をみてとても心配していました」(33歳/医療・福祉/専門職)

あるていどの予測はできても、デート中に急に来てしまうこともあります。ただ、黙っていると状況によっては彼に心配をかけてしまうこともあるので、伝えておいた方がよい場合もあるかもしれませんね。

■エチケットマナー違反

・「くしゃみしたら、大きなオナラも出た」(24歳/その他/事務系専門職)

・「ご飯の途中でゲップがもれた」(31歳/学校・教育関連/技術職)

・「ゲップをしてしまった。情けないが、無意識に近く楽しく食事をしていて申し訳なかった」(26歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

オナラやゲップはできれば人前では出したくないものですが、できるだけ我慢していてもふいに出ることもあります。こればかりはどうしようもありませんよね。黙っているより、素直に「ごめん」と一言いうのが良い場合もあるかもしれませんね。

■ヒールにトラブル

・「無理して履いていたヒールのかかとが折れた」(32歳/金融・証券/営業職)

・「ヒールがあるサンダルで足の裏が痛くなりすぎて、公園で脱いで休憩させてもらった」(31歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「ヒール靴を横断歩道に落として、靴がトラックにひかれた」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

おしゃれの一部としてヒールは重要なアイテムのひとつです。ですが、無理して履き慣れないヒールを履くよりも、普段のままのほうが彼も喜ぶ場合もあります。あまり背伸びし過ぎるのも問題かもしれませんね。

自分では想定していなかった物事が起きてしまうと、ついあわててしまうものです。でも自分以上に彼のほうがあわててしまっていることもあるので、平常心を忘れずに、冷静に対応したいですね。彼からのフォローがあるなら、恥ずかしがらずに甘えておきましょう。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数160件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE