お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

結婚後に苦労している女性の特徴4つ

ファナティック

未婚の内は結婚している人が幸せそうで、うらやましく感じることもありますが、結婚した人全員が幸せになれるとは限りません。中には結婚後にとんでもない苦労を背負い込んでしまう女性も……。そんな女性には、どんな特徴がある? 働く女性に聞いてみました。

<結婚後に苦労している女性の特徴>

■浪費癖がある人を結婚相手に選んでしまった

・「ギャンブルなどの浪費癖のある夫を持つ人。いつもお金がなくて生活に苦労している」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「旦那さんが無職だったりギャンブラーだったり浮気性で、それでも別れられない母性本能が強い女性」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

浪費癖や浮気癖など、結婚生活を営む上で支障になる癖を持つ男性を相手に選んでしまうと、結婚後大変な苦労を背負わされる羽目に……。こんなパターンにもし自分が陥った場合は、結婚していない人が逆にうらやましく見えてしまうかもしれません。

■なんとなく結婚してしまった

・「意外にちょっとお金持ちな人と結婚した女性のほうが苦労している。実家のしきたりだったり、事業がうまくいかなくなったりして、気をもんでいる人が多い」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「なんとなく結婚した人。あとからいろいろ問題が出てくる」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

相手の条件や見た目につられてなんとなく結婚してしまった人も、あとからいろんな問題に襲われて大変な苦労を背負うことが。結婚相手がお金持ちならなんの不自由もなく暮らせそうなのですが、そうならないのが現実の結婚です。

■結婚後のシミュレーションが万全じゃない

・「完ぺきを求める人。子どもがいたりすると仕事と家事と育児の両立が難しくヒステリックになっている」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「結婚前に結婚後の生活の細かいところを話し合っておかなかった人」(28歳/機械・精密機器/技術職)

自分のキャパシティがどの位あるのか、結婚後の生活は具体的にどうなるのか、あまり考えずに結婚してしまうと精神的に追い詰められる!? 実際の結婚生活はかなりハードなようなので、見積もりは正確にしておいたほうが安心かもしれません。

■ムリやり結婚に持ち込むと、あとが怖い……

・「男の人を追いかけて結婚に持ち込んだ人。相手の人が結婚している気が薄くて浮気されたり自由に遊んでいて愚痴をよく聞くから」(26歳/情報・IT/営業職)

・「夫の厄介な癖の悪さを見抜けないまま、焦りや勢いで結婚した。でき婚が多い」(27歳/医療・福祉/営業職)

結婚したいからとムリに相手を結婚に引きずりこむと、恐ろしい結果が待っていることも。お互いの合意なくムリに結婚してしまうと、強引に結果を出したぶん反発されてしまうのかも?

<まとめ>

結婚式で幸せそうな新婚夫婦の姿を見ると、「自分も早く!」と焦ってしまうものですが、結婚イコール幸せ、と簡単にいかないのが人生。焦りに負けず、自分に合った相手をじっくり探して、2人の気持ちをあたためつつ結婚生活の予想を立てる……のが幸せな結婚への近道なのかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数151件(22歳~34歳の働く女性)。

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE