お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

経験者は語る、結婚までに絶対やっておくべき10のこと

ファナティック

結婚してから「独身のときにあれやっておけばよかった、これやっておけばよかった」と言っても後の祭り。だけど何をしておけばいいのかわからないという人も多いでしょう。そこで今回は、既婚女性に結婚するまでにやっておくべきことを聞いてみました。

一人でなければできないこと

・「一人旅。結婚したらできない」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「趣味に没頭。自分の時間が限られてできなくなる可能性もあると思うので。高級品を買う。結婚したら勝手に高い買い物はできないと思うので」(29歳/建設・土木/クリエイティブ職)

結婚したらすべての基準が家族になります。家族がいるから旅行で家を空けることはできない、家族がいるから自分の時間が持てない、家族がいるからむやみにお金を使えない、そんな現実が待っているのです。

結婚してから困らないために

・「家事。家事をあまりやってこなかった女性は、あとで苦労する」(34歳/その他/その他)

・「貯金。うちは借金があって、すべて返し終わったときには貯金も0だし、子どもも生まれることがわかったから、先行き不安なため」(30歳/小売店/事務系専門職)

愛があれば大丈夫と言い切れないのが結婚生活。最低限の家事能力とお金がなければ生活を維持することは難しいでしょう。外食をやめて自炊をすれば料理の腕も上達し、お金も節約できて一石二鳥です。

お金は自分のために

・「貯金と相手に知られていない裏貯金」(26歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「メイクやファッションなど、自分にお金をかけること」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

結婚してからいくら働いても多くの場合は家族にそのお金を使うことになります。自分のためだけに自由にお金を使えるのは独身時代だけ。今やっておかなければ後悔すると思えることに、有効な投資をしましょう。

友人との思い出づくり

・「友達との贅沢な旅行。お金も時間も制約が出てくるから」(27歳/団体・公益法人・官公庁/販売職・サービス系)

・「男友達と遊ぶ。遊べなくなるから」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

結婚生活で一番寂しく感じるのは友人とのつながりが希薄になることではないでしょうか。たとえその関係を維持できても、夜遅くまで飲み歩いたり、旅行にでかけたりすることは難しくなります。今のうちに存分に楽しんでおきましょう。

これも人生経験のうち

・「お見合い。人生で一度は経験しておくのも悪くないと思う」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「取りあえずある程度の恋愛経験を積んで遊んでおいた方が良い」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

結婚は幸せである反面、幸せに甘んじて冒険することが怖くなります。多くの人との関わりを持つのは独身時代に経験しておきましょう。対人関係スキルは結婚後も無駄になることはありません。

これだけ並べられると、独身時代にするべきことがたくさんありすぎて、実は意外に忙しいことがわかると思います。結婚に焦って今の時間を無駄にすることのないよう、充実した毎日を送りましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません
※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数121件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE