お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

え、間違ってる? 男子が本気で信じている誠実な口説き方4選

女子が「この男ったら、こんな口説き方をしてきて、もしかしなくても、こいつバカ?」と思っていても、当の男子は、大真面目に誠実さをアピールしていたりします。そこで今回は、「男子がガチで信じている誠実な口説き方」についてお届けします。「こいつバカ?」と思ってスルーしちゃえば、誠実な男子をみすみす逃すことになりますので、ぜひ誠実な男選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。さっそくご紹介しましょう!

1:酔っ払ったついでに……

「意を決して『好きです』とか『付き合ってください』と言うのって、恥ずかしいんです。だからぼくは、気になっている女子と飲んだあとに『好きです』と言います。彼女は『酔っ払っていないときに言ってよ』といつも言います。酔っ払ってないときに言えたら、ぼくも苦労していないですって!」(27歳・IT)
酔っ払って口説くというのは、女子がもっとも嫌がるパターンかもしれません。
でも、ちょっと気の小さい、恋にマジメな男子は、よくこういうことをやらかしちゃうのでしょう。で、婚期がどんどん後ろにズレていくのでしょう。

2:プレゼントは花束で……

「気になっている女子の誕生日などに、ぼくは花束を贈ります。ほかに誠意のある贈り物とか、誠意のある口説き方って知らないんです」(29歳・会社役員)
花束を贈る男子を遊び慣れている男子だとする向きもあろうかと思います。
でも、昔から男の誠意を形にするとすれば、花束……となっていますよね。オペラなんかでも花や花束が、告白のシーンの小道具として頻繁に使用されていますよね。

3:筋肉自慢

「好きなんて言葉、恥ずかしくてとても口にできないので、ぼくは腹筋の筋肉自慢をします。ダメっすかね?」(25歳・広告)

恥ずかしいから、とりあえず、おれの強そうなところを自慢しちゃえ! それがおれの最高最大の誠意ある口説き方だ! こういう発想の男子って、多いですよね。そのかたわらで、いくら自慢してくれてもいいけど、自慢を見るなら(聞くなら)金をくれと思っている女子の多いこと。

4:何回デートしても口説かない

「ぼくは気になっている女子と何回デートしても、じぶんから口説かないです。口説かないことが誠意ある男の口説き方だと思っているんです」(28歳・電鉄)
夜の酒場で、男性客をしれっと観察していても、こういう男子、わりといます。いつもおなじ女子を指名していて、いつも静かにお通夜みたいな雰囲気で飲んでいて……というパターン。おれは口説けないと諦めていたら、そう何回もおなじ女子に会いに来ないでしょうから、口説かないことが誠意だとあたまから信じて疑わない男子って、意外と多いのかも。

いかがでしたか? わりと女子に嫌われそうな「誠実な(誠実だと男子が思っている)口説き方」が4パターン出てきました。ま、ロマンティックな場所で、ロマンティックなトークを繰り広げつつ口説く……こんな映画みたいなことができる男子は、ごく少数派なのかもしれません。

たしかに、男たるもの、不器用なくらいでちょうどいいとされていた時代もありました。昔の映画を見ると、そういうことがよく分かりますが、時代は平成。しかもすでに27年。
恋愛における「口説き」って、むずかしいですよね……というかんじで、玉虫色で締めたいと思います。

(ひとみしょう)

SHARE