お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「壁ドンからのキス」or「顎クイからのキス」! 彼にしてもらいたいのはどっち?

ファナティック

日常のふとしたことや、普段はなかなか聞けないちょっとディープな恋愛観など、イマドキ女子の「みんなはどうなの?」という疑問を2択アンケートで調査しちゃいます!

男性からキスされるシチュエーションとして話題になった「壁ドン」や「顎クイ」。ドラマなどの影響もあってか、あこがれる女性も少なくなさそう。今回は、彼にされてドキッとするキスのシチュエーションはどちらなのか、アンケートで聞いてみました!

Q.「壁ドンからのキス」と「顎クイからのキス」、彼にしてもらいたいのはどちらかというとどっち?
壁ドンからのキス……41.5%
顎クイからのキス……58.5%

<「壁ドンからのキス」派の意見>

逃げ場のない感がいい

・「逃げ場のない状況になってからされるのが、ドキドキする」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「狭い場所に追い込まれる破壊力がある」(32歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「強引なキスのほうがドキっとする」(30歳/医療・福祉/専門職)

「壁ドン」の一番の魅力はその強引さ。逃げ場のない状況に追い込まれてからキスされるというシチュエーションにドキドキしてしまうという女性は少なくないようです。突然、どうしようもないという状況で「キスされる!」というのは、たしかにキュンとしちゃいそうですね。

単純にあこがれている

・「ドラマとかで見るとキュンとするので、自分もやってみたいというあこがれがある」(29歳/食品・飲料/営業職)

・「壁ドンを一度されてみたいと思う。男の人でも、なかなか実際にはやれる人は少ないと思うので」(29歳/建設・土木/クリエイティブ職)

ドラマなどで見かける「壁ドン」のシーン。見ているだけで胸がキュンキュンしてしまうという女性も多いですよね。実際には男性としてもかなり勇気がいりそうな壁ドンをされるシチュエーションというのはなかなかなさそうですが、だからこそ一度くらい経験してみたいと思うようです。

<「顎クイからのキス」派の意見>

大切に扱ってほしいから

・「壁ドンはネタになりすぎて、逆に笑っちゃうと思う」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「壁ドンは逆に何か怒ってされるものかもしれないので、その次の行動がわかる顎クイのほうがいい」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「壁ドンは威圧感があって怖いから」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「壁ドンされても怖いだけなので」(23歳/小売店/事務系専門職)

・「ドンとされるのは怖い。やさしく扱われるほうがいい」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

ちょっと威圧感のある壁ドンよりも「顎クイ」のほうが女性として大切に扱われているという気がする女性も。ドキドキ感があるはずの壁ドンも、不意にされたら吹き出してしまうかもという女性もいるみたいですね。顎クイなら間違っても次に怒られるということはなさそうなので安心はできそうです。

壁ドンに関しては不意打ちでされるとビックリしてしまってロマンチックな気分になれないという人もいるようですが、顎クイなら「次にキスされる」と覚悟する余裕もありそう。強引なキスもいいけれど、やっぱり男性には大事に扱ってもらいたい! という考えから、顎クイのほうが人気という結果にあらわれているのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数130件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE