お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

あ・え・て! 自分よりイケメンの友だちを合コンに連れてく男子の心理って?

ファナティック

飲み会新たな出会いを期待して合コンに行っても、周囲の見た目レベルが自分よりも上の人ばかりだといまいち楽しくないという人も多いのではないでしょうか。複数で集まる以上、誰かと比較されるのは仕方のないことですが、かっこいい友だちと一緒に合コンに参加することをどう感じているのでしょうか。社会人の男性に聞いてみました。

Q.合コンや相席居酒屋に行くなら、かっこいい男友だちと一緒に行きたいですか?

「行きたい」41.3%
「行きたくない」58.7%

約6割の男性が、かっこいい男友だちとは行きたくないと回答しました。それぞれの理由を見てみましょう。

【「行きたい」と回答した男性の意見】

イケメンで食いつき率アップ

・「その男友だち経由で、けっこういろんな女性と話せる」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「おこぼれをもらえそう」(30歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

フツメンのみなさんは一番人気を狙っているわけではありません。イケメンで女性の食いつき率をアップさせて、自分もそれに便乗しようと考えている男性も多いよう。イケメンにはしっかりと人寄せしてもらえるというメリットがあります。

自分もイケメンの仲間入り

・「自分もかっこよくなった気分になれる」(24歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「自身もその素質があると思うからです」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

人気の男性パフォーマンス集団の特徴は、とにかく大所帯であること。一人一人の魅力よりも大勢のパワーで勝負している感があります。「かっこいい」と言われる人と群れると、みんなかっこよく見えてしまうから不思議です。

【「行きたくない」と回答した男性の意見】

自分が優位に立てないから

・「絶対にかっこいい人にとられるから」(36歳/運輸・倉庫/その他)

・「比較対象にしかならないので、行きたくない」(35歳/情報・IT/技術職)

女性は顔ばかりを見ているわけではありません。ですが、初対面であることが予想される合コンの場で、もっともわかりやすい判断材料が顔であることも否めないでしょう。イケメンに集まる視線を認識すると、まるで、スタートダッシュから後れをとった気分です。

イケメンの前にかすんでしまう自分の存在

・「イケメンを連れて行ったら、自分が目立たなくなってしまうから一緒に行きたくない」(27歳/情報・IT/技術職)

・「自分はないがしろにされて、気分が悪いから」(26歳/農林・水産/技術職)

イケメンはやはりひときわ目立つものです。女性たちの視線がイケメンにばかりいくことを恐れる気持ちもあるでしょう。せっかく合コンに行ったのに、女の子との会話を存分に楽しめなかったとなると、不完全燃焼を起こした気分になってしまいます。

不特定の男女が集まる場では、やはり相手を相対的に判断してしまいます。初めから「私は顔以外のところを見るから!」と固い決意を持って合コンに臨む女性も少ないでしょう。イケメンは合コンにおいても一定の需要がありますが、イケメンだからといって必ずしも合コンに誘われやすい存在ではないようです。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年8月にWebアンケート。有効回答件数109件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE