お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

落ち込んでばかりじゃいられない! 女子が「失恋から立ち直るためにすること」6選

鈴木夏希

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

出会いがあれば、別れもあるもの。恋人とつらい別れを経験しても、いつまでも落ち込んでばかりではいられません。働く女子に、「失恋から立ち直るためにすること」はどんなことか聞きました。

女子会

「失恋したら女子会でモヤモヤを発散するのが一番。女子会だと全員が私の味方になって励ましてくれるから、終わったあとはかなり前向きになれる!」(30歳/デザイナー)

気持ちを切り替えるには、気心が知れた仲間で集まる女子会は最適ですよね。

新たな習い事を

「失恋後、勢いでダイビングスクールに入会。マリンスポーツには一切興味なかったし、経験もゼロだったけど、まったく新しいことをはじめて気分も変えたかったんです。そしたら、なんとそこですぐに新しい彼氏ができました!」(27歳/銀行)

新たなチャレンジをすると、落ち込んでいるヒマもないものです。気持ちを切り替えて新しい環境に飛び込んだからこそ、出会いもあったんですね。

友人への速やかな連絡

「いろいろな友人に『合コンしたい!』とお願いの連絡をします」(26歳/不動産)

新しい出会いのために、思い切って友人を頼るのもひとつの手ですよね。

断捨離

「電話帳、SNSの繋がり、写真、プレゼントなど、彼に関するものを一気に捨てます。下着と家具も一新するとかなり吹っ切れます」(28歳/商社)

断捨離は、物だけでなく心の整理整頓にもなるようです。

エステでデトックス

「エステのオイルマッサージでデトックス。傷ついた自分を癒やしてあげたくて、失恋すると、美容に対していつもより多めにお金をかけたくなります」(28歳/保険)

キレイになって見返してやる……というのは、女子の本能なのかもしれません。

ひたすら寝る

「起きていると彼のことを考えちゃうから、ひたすら寝まくります。泣き疲れるとよく眠れるから、横になることが大事」(31歳/小売)

一晩眠れば、意外とつらいことも忘れてしまうものですよね。

失恋から立ち直るために、前向きな行動をしている女子が多い印象です。傷心のあまり自暴自棄になるのではなく、自分なりの立ち直り方を見つけて前を向こうとする気持ちが大切ですよね。あなたは、失恋後をどのように過ごしていますか?

※画像は本文と関係ありません

(鈴木夏希+プレスラボ)

鈴木夏希

ライター・デザイナー。編集会議「編集・ライター養成講座」2012年秋・広告モデル。グラフィックとWEBのデザインをしながらも、働く20~30代女子の本音を収集し原稿執筆。根っからのラジオ好きで、コイバナに夢中な女子は最高のDJだと思っています。CD・DVD・コンサートのレビューも書きます。

この著者の記事一覧 

SHARE