お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

今日も仕事をガンバロー! 女性が実践する仕事のモチベーション維持の仕方4つ!

ファナティック

仕事は決して楽しいだけのものではありません。むしろツラくて、辞めてしまいたいと思うこともあるでしょう。目的のない仕事はその段階で終わりを迎えますが、仕事の先に目的を見据えている人は、そのツラさをバネにすることもできます。仕事に対するモチベーションを維持するために実践していることを、社会人の女性に聞いてみました。

■オンとオフの切り替え
・「オンオフをちゃんと切り替える。オフの時間にきちんと遊んだりすることで気持ちのメリハリになるから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「勤務時間内だけ真面目に働き、終わったらすべて忘れる。オンとオフを確立する」(28歳/医療・福祉/専門職)

仕事ができる人は、休日はしっかり休んでいることが多いものです。やればやるだけ収入になる個人事業主のような仕事なら話は別ですが、月給・日給・時給で働いているのなら、定められた休みは休息とリフレッシュに充てるよう心がけましょう。

■報酬がもらえる日
・「通帳を見る。お金がなければ生活できないから」(32歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「次のボーナスをカウントダウンしながら待つ。普段の給料は低いがボーナスがけっこういいので、それを使って旅行とかしたいから」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

仕事にやりがいを感じられるのは、あくまで報酬があるからです。報酬をもらいたいと思うことをよく捉えない風潮がありますが、労働力を提供する対価が報酬なので、それを目当てに働くのもありでしょう。対価に見合う仕事をすることが大前提ですが……。

■仕事後の楽しみ
・「『定時に上がるぞ!』って思ってやる。給料も低いので、定時に上がってそのあとに何をするか考えることによってモチベーションを上げてる」(27歳/金融・証券/営業職)
・「夕食の楽しみ。夕食が楽しみだとがんばれるから」(26歳/その他/秘書・アシスタント職)

先ほどの休日の話にも共通点がありますが、仕事ができる人はムダな残業もしない傾向にあります。仕事は短時間で正確に遂行することで生産性を上げることができます。そのためには仕事後の楽しみも必要です。

■仕事一筋にならない
・「週末に楽しい予定を入れる。仕事でストレスも多いので、週末にデートなどの楽しい予定がないとがんばれない。割と先の予定まで決めて、モチベーションを高めることが多いです」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)
・「いろいろなことをあきらめる。あきらめると腹も立たない」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

仕事に打ち込める環境にある人は幸せだと思ってください。働く環境が整っていないと、仕事一筋でがんばったがためにつぶれてしまう可能性もあるのです。仕事をするにもバランス感覚が求められます。くれぐれも燃え尽き症候群を患わないように注意が必要です。

自分の好きなことを仕事にして、能力に見合った十分な給料をもらい、プライベートも充実させることができている人はごく少数に過ぎません。モチベーションが下がってきたなと感じたら、一度、仕事以外のことにも目を向けてみることも大切です。定期的に心と体をリフレッシュして、モチベーション維持に努めましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数191件(22歳~39歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]