お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

恋愛で障害があるほど燃えるって本当?

映画や漫画の世界では、恋愛に障害がつきものです。そばから見ているぶんにはハラハラしておもしろいのですが、いざ自分の恋愛が障害だらけだったらどうでしょうか? 「障害があるほど燃える」と言えるでしょうか。遠距離恋愛、上司とのカンケイ、親の反対……。働く女性たちがホンネではどう思っているのか、アンケート調査を行いました。

Q.あなたは恋愛で障害があるほど燃えると思いますか?
「はい」7.7%
「いいえ」92.3%

ほとんどの女性は障害が大きい恋愛を望んでいないようです。確かに、恋愛を続ける上で障害が大きすぎると、なかなかうまくいかないのが普通ですよね。そんな中、1割弱の女性は恋愛の障害をウエルカムだと考えているようです。少し詳しく聞いてみましょう。

■手が届きそうで届かない存在に惹かれる

・「届かないものほどほしい」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「妻帯者のことが好きになったら燃えると思う。こちらは捨てるものがないのでなんでもやっちゃいそう」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

簡単に手に入るものより、手が届きそうで届かない存在に惹かれる女性もいるようです。ほかの女性の彼氏や旦那さんなんていうのは、ちょうどそんな欲求を満たしてくれるかもしれませんね。ただ、「性格が大好き」など本当に好きになった理由がなく、「落としたい」という欲求だけで手を出そうとすると、後々幸せになりにくいかもしれません。また不満が出てくるでしょうし、何より相手の幸せのことを考えていないので……。

■遠距離くらいがちょうどいい?

・「遠距離。会いにくい分、会えるときは楽しそう」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「会えないほど考えてしまう」(28歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

恋愛のうまい潤滑油になってくれる障害と言うと、遠距離でしょう。いつも近くにいるからこそ、飽きたり倦怠(けんたい)期が訪れたりします。たまにしか会えない存在なら、そのときに精いっぱいの愛情を交換し合うことができるかもしれませんね。もちろん遠距離恋愛でも、たまには何日か一緒に過ごしたりしてみて、「2人でいても疲れないか」などを確認することは別途必要になると思われます。

■2人の心の距離を近づけてくれるかも

・「周囲の反対など。余計に意欲が強まりそうなので」(24歳/その他/事務系専門職)

・「みんなに秘密にしている恋愛」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

恋愛の最大の魅力はそのドキドキ感。それを追求すると、背徳感や親の反対があってこそ恋愛だと思うようになるかもしれませんね。後から振り返ってみて「若気の至りだ」と笑えるレベルにとどめておくと、その後の人生の糧となってくれるでしょう。やり過ぎは禁物ですよ。

障害のある恋愛は、長く続く安心感や、周囲との連帯感を感じることができないものです。障害の大きさは遠距離恋愛くらいにとどめておいた方が、結局うまくいくのかもしれません。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数143件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]