お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

当てはまったら旦那失格!? 妊娠中のママが“パパにされて腹がたったこと”3つ

ファナティック

妊娠中に腹がたったこと

子どもが生まれてくるという喜びでいっぱいの妊娠中。何があっても耐えられるほどの強さも身につけていくママたちですが、一番身近にいて理解してくれているはずのパパの言動にイラッとしてしまうことも。体調も悪くて精神的にも不安定になっているせいか、普段なら我慢できることも許せなくなってしまいますよね。今回は、妊娠中に腹が立ったパパの言動について聞いてみました。

■つわりのつらさを理解してくれなかった

・「つわりでダウンしているときに『これじゃどこにも遊び行けないじゃん』と言われたこと」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「つわりで安静を言われたほどだったんだけど、旦那は勝手に飲みに出掛けて帰ってこない日があった。あと、つわりで伏せっているときに掃除ができない私に向かってゴキブリが出たとうそを言って笑っていたこと」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「『まーたそうやってつわりを理由にするのか』と言われたこと」(28歳/その他/その他)

どんな症状が出るか個人差も大きい「つわり」。ひどい人だと寝込んでしまうほどですが、そのつらさを理解してくれないパパに腹が立ったという女性もいるようです。つわりを理由にして家事をしない、寝てばかりいるなんて言われたら「自分も経験してみればわかる!」と思ってしまうのも仕方ないですよね。

■自分だけ遊びに行く

・「私の嫌いな夫の女友達もくる飲み会に行ってもいいか聞かれたこと」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「飲んで遅くに帰ってきたとき。付き合いだから仕方ないと思いつつもイラッとした」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「自分の息抜きで、ゲーセンに妊婦を残して遊びに行ってしまったこと」(34歳/商社・卸/事務系専門職)

妊娠中じゃなければパパが遊びに行くくらい笑って見送れるけど妊婦である自分を残して自分だけ遊びに行くと考えるとイラッとする人も。たまには息抜きをしたくなるという気持ちもわからなくはないものの、「妊娠している自分が一番しんどいのに……」と思うともう少し気遣ってほしいと感じるのは当然かも。

■家事に協力的じゃなかった

・「家事をしてほしいのにまったく協力的ではなかった」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「食事についてこれだけと言われたとき」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「人ごとのような態度」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

妊娠前には何てことなかった家事も妊娠中は少しずつ不便さを感じてくるもの。ずっと立っているだけでも妊婦の体には負担が大きいですよね。それなのに家事を手伝ってくれもせず、食事の用意をしても「これだけしかないの?」なんて聞かれたら「自分のことくらい自分でやって!」と言いたくなりそうです。

■まとめ

妊娠中はできれば穏やかに過ごしたいと思っているものの、気遣いのないパパの言動に対して思わず腹が立っったという人は少なくないよう。とはいってもあまり感情的になって夫婦ケンカが増えてしまってはおなかの赤ちゃんもうれしくないですよね……。そんな時はイライラをぶつけるのではなく「おなかの赤ちゃんのために●●してほしい」というように伝えてみるいいかも? パパも自分の役割を思い出してくれるかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数110件(22歳~39歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]