お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

意外にも好評価? サブカル女子⇒「好き」な男性は●割「おもしろそう」「教えてくれそう」

ファナティック

映画やアニメ、音楽などサブカルチャーと呼ばれているジャンルに詳しいサブカル女子。夢中になれるものがあるのはステキなことですよね。ところで、男性はそんなサブカル女子についてどう思っているのでしょうか。社会人男性に聞きました。

Q.映画や小説、アニメなどサブカルに強い女性は好きですか?

「好き」……41.5%
「嫌い」……7.5%
「どちらでもない」……50.9%

41.5%の男性が「好き」と回答。はっきり「嫌い」と答えた人は7.5%でした。

<「好き」派の意見>

■自分も好きだから

・「映画が好きなので話が盛り上がりそうだから」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

・「自分がサブカルが好きなので、共通の話題で盛り上がりたいです」(31歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

やはり自分も好きだと好印象になりますよね。自分が好きなジャンルのものについて相手が詳しかったりすると、仲間を見つけた気分になってとてもうれしくなるものです。

■話がおもしろそう

・「話していておもしろそうだし、自分の知らないことを知っている女性は魅力的だから」(27歳/情報・IT/技術職)

・「話題が多い人のほうが話していて楽しいから」(37歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

好きなことを話しているときほど人は生き生きとするものです。

■オススメを知りたい

・「いろいろな作品について教えてくれそうだから」(31歳/情報・IT/技術職)

・「おもしろい作品とか教えてもらえるから」(29歳/医療・福祉/専門職)

自分が知っている作品や見てよかった作品の情報交換もサブカル好きにとっては至福の時間です。

<「嫌い」派の意見>

■気が合わないかも

・「気が合わないと思う」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「自分はアウトドアなので」(36歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「アニメや映画は興味がない」(35歳/建設・土木/技術職)

まあ、しょうがないですよね。ただ、サブカル自体に興味はなくても「なぜ、この人はこれが好きなのか」について考えてみれば話は広がりそうな気もします。

■悪い印象がある

・「生意気そうな人ばっかりなので」(37歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

好きなものについて熱く語るあまり「生意気」と取られてしまうこともあるようです。

意外にもサブカル女子について好印象を持つ男性が半数近くという結果になりました。自分の好きな作品やジャンルの話について今まであまりしてこなかったというサブカル女子も「こんな話をしてもつまらないだろうな」と思わずに積極的に話してみてはいかがでしょうか。思わぬところから話が広がるかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年8月にWebアンケート。有効回答数106件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]