お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ちょこちょこ歩く姿がたまらない!? 男性をドキッとさせる浴衣姿の女性の仕草4つ

ファナティック

今年の夏も、お祭りや花火大会などに浴衣を着て出かけたという女性は多いはず。浴衣を着ると気分もシャキッとして、いつもとちがう立ち居振る舞いができたりしますよね。そこで今回は、男性たちにドキッとする浴衣姿の女性の仕草について聞いてみました。

■歩き方にドキドキ

・「ちょこちょこ歩いている仕草。彼女がちょこちょこ歩いていて普段とはちがったのでドキッとした」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

・「上品に歩く仕草」(39歳/情報・IT/技術職)

・「普段とちがう履物で歩く姿にドキッとする」(33歳/機械・精密機器/技術職)

普段履きなれない下駄を履いていることと、浴衣の裾がまとわりついて多少歩きづらいのとで、浴衣のときはどうしてもちょこちょこ歩きになってしまうもの。その歩き方が「なんとも言えない!」と男性たちはドキドキしている様子。

■アップにした髪を触る

・「アップにした髪を触る仕草」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「髪の毛を気にしている仕草がいい」(33歳/学校・教育関連/専門職)

アップにした髪が崩れていないか気になったり、ぴょんぴょん出る後れ毛が気になったり……。いつもとちがう髪型をすると、さまざまなことが気になって頻繁に髪を触ってしまいがち。男性からするとそういった仕草も浴衣を着ているとよく見えてしまうようです。

■うちわや扇子であおぐ姿

・「うちわなどをパタパタとやる感じ。風流さと相まって、かわいさが増して見える」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「扇子であおぐとき」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「うちわであおいでいる姿がかわいいです」(31歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

お祭りで歩いているとき、花火の打ち上げを待っているときなど、ふと扇子であおぐ姿。なんとも風流に感じますよね。髪やピアスが風で揺れる様もより女性を魅力的に見せているのかも。

■チラッと見える素肌

・「地べたに座ったときに浴衣のズレを直す仕草。直すときに少し素肌が見えるのがよい」(29歳/不動産/その他)

・「はだけたのを直すとき」(29歳/情報・IT/技術職)

・「浴衣からチラリと、足首や胸元が見える仕草」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

座ったときなど、ちょっとした着崩れを直すときにどうしてもチラッと見えてしまう素肌を、男性たちは見逃していないようです。見えそうで見えないことが男性たちをよりドキッとさせているのかもしれません。

露出の多いセクシーな格好というわけではないのに、なぜか色気を感じる浴衣。うちわや扇子などのアイテム、また髪型など、すべての要素が日常とは少しちがうものだからこそ、魅力を感じる男性も多いようです。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年8月にWebアンケート。有効回答数114件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]