お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

あ、必死だな! 男性が結婚に対して「焦りすぎ」認定する女性の特徴3つ

ファナティック

晩婚化が進んで初婚年齢も上がっていると言われていますが、やはりある程度の年齢になると「そろそろ結婚しないと」という気になってしまう人は少なくありません。結婚はタイミングが大事なものなので、焦ったからといってすぐにできるわけではありませんが、なにかとプレッシャーを感じるのも事実。今回は、「結婚を焦ってるな」と男性たちが思う女性の特徴について聞いてみました。

■合コンに行きまくる

・「毎週合コンに参加して出会いを求めている」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「毎週のように合コンや婚活パーティに行っている」(29歳/不動産/その他)

・「合コンに頻繁に参加して、職場でも情報を仕入れている人」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

新しい出会いを見つけるには、合コンや婚活パーティに参加するのが一番とばかりに、頻繁にそういった集まりに参加している女性を見て、「焦っているんだな」と思う男性は多いよう。合コンがあったら声を掛けてね、と職場でも合コンや婚活パーティ情報を集めている姿は、男性からすると必死さを感じてしまうようです。

■男性にアピールしまくる

・「男性社員に媚びまくっている」(26歳/農林・水産/技術職)

・「付き合う相手に結婚したいオーラを出しまくっている女性」(32歳/電機/技術職)

・「年収を聞いてくる感じに焦りを感じる」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

職場の男性社員に対して媚を売るような態度を見せる未婚女性は結婚を焦っているのかと周囲から思われるようです。知り合った男性にはまず年収を確認。彼氏に対しても結婚したいオーラを出しまくり。早く結婚相手を見つけたいという気持ちはわかりますが、アピールが強すぎると男性たちも引いてしまうかもしれませんね。

■「男性を紹介して」を連発

・「久しぶりに遊びに来たと思ったら、紹介してくれの連発」(29歳/運輸・倉庫/その他)

・「男の話しかしない」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「常に出会いを求めている」(32歳/小売店/事務系専門職)

久しぶりに遊んだ男友だちに「男性を紹介して!」と連呼。そんな女友だちを見ていて結婚に焦りを感じているんだなと思う男性もいます。口を開けば男性の話ばかり、いつも新しい人との出会いを求めているような女性に対しては、ほかのことを考える余裕がないくらい結婚したい気持ちが高まっているんだなと思うのかもしれませんね。

いかがでしたか? 結婚したいからといって焦り過ぎると、周囲からは、ちょっと引かれてしまうこともありそう。何も行動を起こさずに待っているだけではなかなかいい出会いは引き寄せられませんが、焦り過ぎも逆効果。いい人がいたら結婚したいけれど、今は準備期間なんだと思ってゆったり構えているほうが素敵な出会いが見つかるかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数103件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]