お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

ぶっちゃけ男の本音! 結婚を考える彼女の“子ども嫌い”が発覚したら、男性は結婚を迷うもの?

ファナティック

男性から「いい母親になりそうだな~」と思われる女性の特徴のひとつといえば、「子ども好き」です。結婚を意識させるためにも、女性の“子ども好きアピール”は有効! と言われることもありますよね。しかし実際には、「本当は私、子ども嫌いなんだけど……」という女性も! こんな女性との結婚について、男性たちはどう考えているのか、アンケートで聞いてみました。

Q.あなたは、結婚しようと思っていた彼女が子ども嫌いだと発覚したら、結婚を迷いますか?

「迷う」……55.6%
「迷わない」……44.4%

意見が2つに割れる結果となりました。「結婚を迷う」理由、「結婚を迷わない」理由を、それぞれ紹介します。

<彼女が子ども嫌いだと、結婚を迷う男性の意見>

■子どもがほしい!

・「自分は子どもがほしいし、子どもにとって母親からの愛情も重要だと思うから」(29歳/食品・飲料/営業職)

・「私もそうですが、両親も子どもがすごく好きなので、子どもは絶対ほしいです」(31歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

自分の子どもを持ちたいと考えている男性にとって、彼女の「子ども嫌い」はかなりのマイナスポイントです。結婚後のライフプランについて、よく話し合う必要があるでしょう。

■子育てに不安

・「虐待につながりそうで怖いから」(26歳/農林・水産/技術職)

・「苦手は克服できるが、嫌いはなおすことが難しいから」(29歳/その他/事務系専門職)

結婚後の生活に、強い不安を感じてしまう男性の意見です。「嫌い」と「虐待」を結びつけるのは、いささか早計な気もしますが、手遅れになってからでは遅いもの。慎重な判断をする男性も、少なくないようです。

■性格面で難あり!?

・「子ども嫌いな人は性格がきつそうだから」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「それ以外の価値観も合わないような気がするから」(29歳/情報・IT/技術職)

・「男は女性に母性も求めるから。冷たい女に感じて、母性を感じないから別れると思う」(31歳/食品・飲料/技術職)

「子ども嫌い」というひと言から、彼女の性格まで深く掘り下げる意見も……。

では反対に、迷いを感じない男性たちの意見とは?

<彼女が子ども嫌いでも、結婚を迷わない男性の意見>

■彼女の気持ちを尊重

・「個人の自由だし、彼女が『子どもが嫌い、子どもはいらない』というなら子どもを作らないのも選択肢のひとつだと思うから」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

・「子どもを持たなければよい」(25歳/機械・精密機器/技術職)

結婚する相手は「彼女」であり、彼女自身の意見を尊重するべきだという意見が、数多くありました。

■子ども嫌いは変わるかもしれない

・「別にいなくてもいいですし、5年経ったら変わるかもしれないので」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「一般的に子ども嫌いと言っても、自分の子ども、身内の子どもに対する態度は変わる事が多いから」(39歳/情報・IT/技術職)

人の気持ちは、変わっていくもの。2人の生活が安定すれば、いずれ……という意見も。2人でよく話し合えば、きっとベストな選択ができるはずです。

「迷う」男性が半数以上となりましたが、「迷わない」男性も44.4%いることがわかりました。子どもにまつわる価値観は人それぞれ分かれるデリケートな問題。結婚を考えているパートナーがいる人は、お互いの価値観を把握し、よく話し合っておくことが大事だと言えますね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年6月にWebアンケート。有効回答数117件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]