お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デジタル・アプリ

意外と見られてる!? 女子が注意しているSNSの使い方4つ

ゆみこーん

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

フェイスブックやツイッターなど、SNSを利用するのが当たり前の時代。しかし、彼氏や親しい友だちのやりとりも手軽に見えてしまうことでトラブルも多いようです。SNSを利用する際、気をつけていることは何か、働く女子に聞いてみました。

■彼氏のSNSは見ない

「SNSのコメント欄で彼氏と親しくやりとりをしている女性がいた。最初は『友だちかな?』くらいに思っていたけど、あるときからコメントのやりとりがパタッとなくなった。『もしかして、ダイレクトメッセージでやりとりするようになったのかな……』と心配に。気になりだしたら止まらないので最近は彼のSNSは見ないことに決めた」(23歳/飲食)

余計な勘ぐりをしてしまう人は、恋人のSNSはチェックしないほうがいいのかも。

■デート中はチェックしない

「私と彼氏がそれぞれフェイスブックをはじめたころ。友だちの投稿を見るのが楽しくて、一緒にいてもお互いスマホばかり見るように。それまでは一緒にいると話の尽きない2人だったのに、どんどん会話が減ってしまった。これはよくないと思い、2人でいるときのスマホいじりは禁止にした」(27歳/金融)

「友だちがつぶやいたこの投稿がおもしろいよ!」なんて一緒に楽しめればいいのですが、それも難しいですよね。

■人の投稿に口出ししない

「1日に何度もSNSに彼氏との写真をアップする友だち。あまりに数が多いので、さりげなく『少し控えたら?』と忠告。そうしたら『彼氏がいないからひがんでいるの?』と言われて思わずカチン。それ以来、友だちの投稿に余計なことを言うのはやめました」(30歳/広告)

基本的にSNSは個人が好きなことを発信する場。多少の目に余る行動なら、目をつぶったほうがいいのかもしれません。

■“いいね!”しすぎない

「よかれと思って、友人の投稿にたくさん“いいね!”ボタンを押していた。ところがあるとき、『いろいろな投稿に“いいね”しているけど、本当にそう思っているの?』と友人から指摘された。それ以来、本当にいいなと思ったものにしかつけていない」(29歳/アパレル)

“いいね!”をたくさんつけてもらうことでうれしいと感じる人もいるので難しいところです。

SNSの使い方次第では、恋人とケンカになったり友情にヒビが入る結果になりかねないようです。便利で楽しいツールですが、いろいろな人に見られている可能性があることを考えて利用したほうがよさそうですね。

※画像は本文と関係ありません

(ゆみこーん+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]