お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 本・マンガ

笑い、涙、皮肉、エロスが詰まって1000年近い時を経た物語! 「説話」を楽しむ朗読ライブ開催

『日本霊異記/今昔物語/宇治拾遺物語/発心集』

河出書房新社は、「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」の第8巻『日本霊異記/今昔物語/宇治拾遺物語/発心集』の刊行を記念して、「説話」朗読ライブを行う。

【読売文学賞受賞作家! 星野智幸の最新作『呪文』。著者本人も交え刊行前の読書会を開催】

「説話」とは上代から中世にかけて綴られた口承の物語のひとつであり、同書には現代でも広く知られている「こぶとり爺さん」「舌切り雀」などの原話となった説話を含む、105篇を収録している。9月11日の発売予定で、本体価格は2900円(税別)。

同イベントには、新訳を手掛けた伊藤比呂美と町田康、そして本全集選者である池澤夏樹が参加する。

「ライブ詳細」
日時:9月13日 OPEN14:30START15:00
会場:VACANT 2F
〒150-0001東京都渋谷区神宮前3-20-13
東京メトロ 千代田線・副都心線「明治神宮前」5番出口より徒歩5分
JR山手線「原宿駅」竹下口より徒歩10分
Ticket:2,000円 +1drink(500円)

(エボル)

お役立ち情報[PR]