お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 人間関係

見苦しいからヤメテくれ! 男性が見た、“仕事がんばってるアピール”をする女性の特徴4つ

ファナティック

見るからに忙しそうなふるまい。「私がんばってます!」とアピールするかのような言動。本人からすればがんばっているのだろうけれど、見ていられないほど痛々しいアピールに周囲もドン引き。ということで今回は、男性が見るに堪えない女性の「仕事がんばってるアピール」を、調査してみました。

■SNSで「つらいけどがんばる私」アピール

・「夜の暗いオフィスでひとりで仕事をしているかのような写真をFacebookにアップしているのを見たとき」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「毎日遅い時間に、『今終わり~』的な写真をSNSにアップする女性」(32歳/電機/技術職)

・「SNSに仕事のことだとは明言せずに『つらいけどがんばってます私』をアピール」(22歳/食品・飲料/事務系専門職)

仕事が忙しいけれど、がんばっている私をアピールしたいのか、SNSでこと細かに仕事についてつぶやく女性。まわりからはただのめんどうくさい人としか受け取られていないかも。

■「忙しい」が口癖

・「いつも忙しいが口癖の人」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「忙しいを連呼する人」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「忙しいを連呼するのに動きは急いでいない」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

やることが多いのか、何かと「忙しい」が口癖になっている人も。実はたいした仕事量ではなかったり、単にテンパッているだけだったりすると、周囲からの反感を買ってしまいますね。

■ずっと残業している

・「最後まで残ろうとする」(39歳/情報・IT/技術職)

・「残業のためにお菓子を買い込む」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「ひとりでずっと残業をしている」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

遅くまで仕事をしている私になりたいのか、いつまでもダラダラと残業している女性。忙しいから残業しているのではなく、「ただ要領が悪いだけでは?」と心の中で思われているかも。

■自分で自分をほめる

・「自分で『よくやっている』と言う人」(33歳/金融・証券/専門職)

・「自分で『私ってがんばりすぎちゃう性格なんだよね』とか言ってる人」(27歳/情報・IT/技術職)

仕事がデキる女を演じるためがんばっていることを口に出してしまう女性もいるようです。必死のアピールに周囲もツッコミづらい微妙な空気に。

忙しいとついがんばってるアピールをしたくなるもの。しかし、まわりも自分と同じようにがんばっている人がいるというのを心に留めておきたいですね。あなたも、ついつい「仕事をがんばってるアピール」をしていませんか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数110件(22歳~39歳の社会人男性)。

お役立ち情報[PR]