お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

禁断の質問!? 男性は「給料」と「貯金額」彼女に言うならどっちが気が楽?

ファナティック

女性は、彼のお給料や貯金額は正直かなり気になるところですよね? 付き合いが長くなって、結婚も視野に入れたお付き合いをしている人なら、なおさらのこと! でも、お金に関することをズバリ聞いてもいいものかどうか、迷っている人も多いはず。そこで、社会人男性たちにこんな質問をしてみました。

Q.彼女にどちらを言うほうが気が楽ですか?

 「給料」……57.7%
 「貯金額」……42.3%

「給料」の金額を言うほうが気が楽、と答えた男性が多数派となりましたが、どちらも男性にとってはあまり言いたくないことのような印象も受けますが、もう少し男子のホンネを探ってみましょう。

<「給料」を選んだ男性の意見>

■貯金額は知られたくない
・「貯金額は知られたくないから」(33歳/機械・精密機器/技術職)
・「今まったく貯金がないから」(31歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
・「貯金の額を知られたら態度が変わるかもしれないから」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

貯金額はかなりプライベートな情報のため、あまり知られたくない、という男性が多いようです。自分の財産をオープンにするのは、多くても少なくてもちょっと無防備すぎるな気がします。毎月の給料の金額を教えるほうがまだマシ、ということのようです。

■そこそこだと思うから
・「平均的にもらっているから」(31歳/運輸・倉庫/技術職)
・「そこそこもらっているから」(37歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)
・「悪くないと思うから」(29歳/食品・飲料/営業職)

毎月の給料については、そこそこ平均並みにもらっている、と認識している男性が多数。給料はその人の評価や会社の状態が反映されるところなので、会社での自分の評価にある程度自信がある証拠と言えそうです。

<「貯金額」を選んだ男性の意見>

■かなり貯めているから
・「かなり貯め込んでいるから」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「恥ずかしくないくらいの金額を貯めているから」(32歳/商社・卸/事務系専門職)
・「貯金は自信があるので」(33歳/機械・精密機器/技術職)

実はかなり貯金額がある、と自負している男性が多いことが判明! 不景気に嘆く現代ですが、意外としっかりため込んでいる男性も多いのかもしれません。貯金額に自信がある人にとっては、結婚に向けてのいいアピールポイントになりそうです。

■給料は比較されそう
・「給料は直接その人の地位を表すものだと思うから言いづらい」(27歳/情報・IT/技術職)
・「比べられると落ち込むので」(32歳/商社・卸/営業職)
・「給料は毎月もらうものだから言いにくい」(36歳/運輸・倉庫/その他)

給料はその人の会社内での評価と直結しているため、あまり言いたくない、と思う男性も多そう。「彼女や元カレの給料と比較されたりするのでは?」と心配する人もいそうです。

みなさんの意見をまとめると、自分自身の評価にかかわってくるので、どちらも言いたくない、という気持ちが強いようです。彼と給料や貯金額などのお金に関することをまじめに話せるようになったら、それは男性があなたと一緒に生活していくことを真剣に考え始めた証拠なのかもしれませんね?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数104件。22歳~39歳の社会人男性)。

お役立ち情報[PR]