お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 彼もお金も手に入れる

俺ってわがまま? 食事や旅行に車の維持費!! 働く男子がぜったい削りたくないお金の使い道

ファナティック

働く男子がぜったい削りたくないお金の使い道収入の使い方は人それぞれ。大半を家賃に使う人もいれば、趣味のために食費を削る人もいます。女性だったら、月々の美容に掛けるお金、友人との飲み会代など「絶対に削りたくない予算」がいろいろあるでしょうが、男性にはそういうものってあるのでしょうか? そこで今回は世の男性たちに、絶対に削りたくないお金の使い道について聞いてみました。

■おいしいものは譲れない!

・「おいしいものを食べること」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「おいしいものを食べるためのお金」(22歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「お酒は気晴らしになるのでやめられない」(29歳/食品・飲料/営業職)

・「お菓子代」(31歳/金融・証券/専門職)

おいしいものを食べることは、ストレス発散になるし、人生を豊かにします。それゆえ、「これだけは譲れない」と挙げた男性は非常に多かったです。女性だって、スイーツやぜいたくランチ、お肉を食べるための予算は削れないですよね。

■自己投資につながるもの

・「書籍購入代。『知識は力なり』だから」(33歳/機械・精密機器/営業職)

・「健康のためのジム代」(27歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「マッサージ。ストレス解消だから」(31歳/電機/技術職)

・「毎月の投資信託の積み立て」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

仕事のため、将来のためにつながるものを惜しんではいけません。ベストな状態で仕事をするために体をメンテナンスしたり、将来のための資金を作ることは決して無駄遣いではないのです。

■趣味のためのお金

・「海外旅行代。何カ国でも行ってみたいので」(30歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「ガソリン代。燃費は悪い車だが、ドライブは好きなので、ガソリン代だけは節約の対象外」(28歳/自動車関連/技術職)

・「趣味の映画代」(27歳/情報・IT/技術職)

・「サッカー観戦に使うお金。趣味はこれだけなので」(32歳/学校・教育関連/専門職)

無趣味でなんとなくお金がたまっているひとよりも、趣味に生き生きとお金を使っている男性のほうが魅力的ですよね。お金はやっぱり「何に使うか」が重要ですね!

男性の「絶対に削りたくないお金の使い道」について聞いてみました。どうでしたか? こまかいところでは女性と違うぶぶんもありましたが、おいしいものや趣味にお金を使うのは女性と変わりませんよね。お金をほどよく使って、人生楽しみましょう!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年8月にWebアンケート。有効回答数97件。22歳~34歳の社会人男性)