お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

本当にうまくいくの!? 私が復縁に成功した理由5選

板橋不死子

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

別れてしまった恋人ともう一度付き合うのは容易なことではありません。しかし、そんななかでも復縁に成功したという人も……。どうやってヨリを戻したのか、復縁経験者の女子たちに聞きました。

■取り巻く状況の変化

「彼の仕事が急に忙しくなって別れを切り出されました。ところが会社の状況が落ち着いたのか、1年ほど経ったころから少しずつ彼から連絡がくるように。その後、また彼から告白されて復縁しました」(30歳/医療)

仕事でいっぱいいっぱいになっていたことが別れの原因だった2人。仕事が落ち着いて問題が解消されたことで、再び一緒にいられるようになったそうです。

■共通の友だちがカギに

「私たちが別れたことを知った共通の友人が、彼に『あんなに好きでいてくれる人は彼女しかいないよ!』と説得してくれたそう。それを聞いて、別れたのは間違いだったと気づいたらしいです」(28歳/金融)

友だちのアシストが復縁のきっかけに。持つべきものは友とは本当ですね!

■とにかく自分磨き

「彼が別の女子に心変わりして別れたのですが、悔しくて一念発起。ダイエットやオシャレをがんばりました。久しぶりに再会したとき、『かわいくなって、見違えた』と言ってくれて、再び付き合うことに」(27歳/飲食)

別れてヘコむよりも、今までできなかった自分磨きに一生懸命になってみたほうが、復縁へ近づけるのかもしれません。

■正直に気持ちを告白

「ささいなことで喧嘩別れしてしまった彼。ずっと後悔しているのもつらくなって、思い切って『まだ好きだ』と正直な気持ちを伝えました。そしたら、別れている間に彼もそう思っていたようで、結局ヨリを戻すことになりました」(29歳/メーカー)

大人になると、プライドが邪魔して言いたいことも言えなくなってしまうもの。しかしそこを乗り越えて気持ちを伝えないと何もはじまりません。

■縁を信じる

「別れたあともつかず離れずの関係で5年が経過。その間、彼に恋人がいた時期もありましたが、『やっぱり好きだ』と言われて復縁しました。どこかでお互いに大事な存在だとわかっていたから、じっと待てたのかもしれません」(30歳/IT)

何年も経った結果、再び付き合いはじめることができたという声も。時間はかかるかもしれませんが、焦って結論を急がすよりも建設的かも?

さまざまなエピソードが集まりましたが、復縁経験者が口を揃えて言うのが、「タイミングが大事」ということ。別れの原因になった問題が解決していなかったり、彼の気持ちを無視したままでは、やはり復縁は難しいようです。復縁を考えている方は、焦らずタイミングを見極めましょう。

※画像は本文と関係ありません

(板橋不死子+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]