お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

やばっ、出ちゃった! 好きな人の前でオナラをしてしまったときの女子たちの対処法6つ

絶対してはいけないと思っているときほど、我慢できずに出てしまうオナラ。生理現象だから仕方ないとは思いつつも、もしも好きな人の前でしてしまったら……と考えると、いてもたってもいられないですよね。そこで今回は、働く女子たちに“もしも好きな人の前でオナラをしてしまったらどうするか”、そのときの対処法を聞いてみました。

■とりあえず謝る

・「ごめん、と素直に謝る。ごまかすほうが印象悪い」(32歳/その他/事務系専門職)

・「恥ずかしそうに謝って隠れます。開き直るのは絶対にダメです」(31歳/その他/その他)

・「顔をまっ赤にして小声で『ごめんなさい』と謝る」(32歳/医療・福祉/専門職)

取り返しのつかない状況では、やっぱり素直に謝ることが一番! 恥ずかしそうに謝る女子をからかったり、はやしたてたりする男子はさすがにいないはずです。

■カミングアウトする

・「正直にオナラしたことを告白する。一度言ってしまえばこれからオナラを我慢する必要がなくなるから。ずっと一緒にいたいならずっと我慢するのはしんどいと思う」(31歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「『あ、なんか出た』と言い、カミングアウトする。隠すのが苦手だから」(32歳/医療・福祉/専門職)

いっそのことカミングアウトをしてしまったほうが、その後も気まずくならずに済むのではと考える女子も多い様子。確かに、この先もずっと一緒にいたいと考える彼には、素の自分を早く見せたほうが気がラクかもしれません。

■時と場合によって対応を変える

・「絶対気づかれてしまうような場合だったら正直に白状する。気づかれなさそうだったらスルーする」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「多人数でいる場所なら白を切るけど、2人きりとかだったら正直に謝る」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ごまかせそうならごまかす。無理そうだったら謝る」(31歳/医療・福祉/専門職)

状況に応じて臨機応変に対応するというのも賢明な策。相手に気づかれていないのならば、こちらからわざわざ言い出す必要もありませんよね。

■ごまかす

・「類似した音をたてたりして、ごまかします」(30歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「してないように振舞う」(25歳/不動産/事務系専門職)

・「笑ってごまかす」(33歳/医療・福祉/専門職)

やっぱり、「好きな人の前でオナラをしてしまうなんて恥ずかしすぎる!」と考えている女子の意見も多数。そんなときは華麗にごまかして、自分の記憶からその事実を抹消してしまうのもアリかもしれません(笑)。

■知らんふりをする

・「気づかないふりをする。なかったことにしたいから」(26歳/その他/専門サービス)

・「知らないふりをする。自分からしてしまったことを告白するのも恥ずかしいから」(28歳/学校・教育関連/専門職)

自分から言い出すのもなんだか気が引ける……と感じるときは、もはやスルーしてしまうという女子たちもいました。毅然とした態度を取っていれば、彼もそれに合わせてなかったことにしてくれるかも!?

■自暴自棄になるor絶対オナラしない!

・「もう会わない」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「死んでもしない」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

断固としてオナラをしないという女子たちの強気な意見も! 万が一オナラをしてしまったときはもう彼と会わないなんて、自分にシビアすぎる気もします(笑)。

うっかりオナラをしてしまうなんて失敗は誰にでもあるもの。もしも好きな人の前でオナラをしてしまったとしても、それを笑い合えるような彼との関係を築けるといいですね。

(マイナビウーマン編集部)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数176件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]