お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

“おばさん”じゃん! 男性がババくさいと感じる女性のファッション4つ

ファナティック

普段使っている言葉が、いつの間にか死語になっていること、よくありますよね。それと同様に何気なくしているファッションに、男性は「年齢」を感じてしまうことがあるのだとか。そこで社会人男性にババくさいと感じる女性のファッションについて、聞いてみました。

■紫色は年齢を感じやすい?

・「紫色と柄」(31歳/金融・証券/専門職)

・「パープル系の色」(35歳/建設・土木/技術職)

色味や素材にもよると思うのですが、男性から見て紫色はババくささを感じる色なのだそう。そういえば、年配の女性が紫色をよく取り入れているような気もしますね。

■チュニックは楽しすぎ?

・「丈の長いトップスにジーンズ」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

・「スカートの下にズボンをはいている」(28歳/情報・IT/技術職)

こちらもよく街で見かけるファッション。おなかもおしりも隠れるし、脚も目立たないため、ついやってしまうファッションですが、男性からはおばさんっぽいと思われているよう。

■アニマル柄は、大阪のおばちゃんっぽくなる!?

・「よくわからない動物柄」(35歳/通信/事務系専門職)

・「豹柄ファッション」(36歳/運輸・倉庫/その他)

大阪のおばちゃんと言えば、アニマル柄ですよね。これも着こなし方をまちがえると、あっという間に同系統になってしまいがちです。

■見えないところも気にしたい! 肌着の色と種類

・「肌着がベージュ」(29歳/不動産/その他一般事務)

・「シュミーズを着ている」(29歳/その他/その他)

見えないところではありますが、ベージュの肌着やシュミーズなどを持ってくると、男性からは限りなくおばさんに見えてしまうよう。見えないからと言って手抜きはNGです。

アンケートの結果を見てみると、流行に乗り遅れていることよりも、色のチョイスや楽ちんファッションがババくさく感じる要因になっているようでした。見た目年齢を少しでも若くするには、努力が必要そうですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数107件(22歳~39歳の社会人男性)。

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE