お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ずるいな~! 男性が語る「あざとい女性」の特徴3つ

ファナティック

抜け目がなく、計算高い「あざとい」人っていますよね。やりすぎると悪目立ちしてしまうような気もしますが、世渡り上手な印象もあります。男性から見て「あざといな」と感じる女性には、一体どんな特徴があるのでしょうか? そこで今回は、男性のみなさんに周囲にいる「あざとい女性の特徴」について教えてもらいました。

上目遣いをする

・「頼みごとをするときに上目遣いで声を高くされると、あざといなと思いつつも引き受けてしまう」(27歳/情報・IT/技術職)

・「常に上目遣い」(34歳/情報・IT/技術職)

男性をドキッとさせるテクニックのひとつとされる上目遣いも、やりすぎると「あざといな」と思われてしまう可能性があるので要注意。ただ、あざといと思いながらもキュンとしてしまう人もいるみたいなので、肝心なのは使いどころ!?

露出で男性の目を引く

・「わざと胸元が開いている服を着つつ、『何見てんのよ!』という視線を送る女性がいる」(37歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「あえて露出度の高い服を着ている」(33歳/学校・教育関連/専門職)

露出度の高い洋服を着て男性の目を引こうとしている女性を「あざとい」と感じる男性もいるよう。その女性に興味がなかったとしても、肌を露出していたらつい見てしまうのが男のサガ。

人によって態度を変える

・「好意がある相手の前では声色を変えて媚びているのを見ると、あざといなと思う」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「上長と話をするときだけ猫なで声」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「男性と女性の前で態度がちがう」(35歳/情報・IT/技術職)

・「男の前でだけか弱い女を演出する」(22歳/情報・IT/技術職)

相手が不快な気分にならないよう、言動などに気をつけるのは人間関係を円滑にするためにも大切なことだと思いますが、コロコロと態度が変わりすぎるのは考えもの。特に、男性の前でだけかわいくあろうとするような女性は、要注意。男性は、気がついていますよ。

さまざまな意見が寄せられました。あざとい女性は、男性ウケはいいけれど同性ウケはイマイチ……という印象がありましたが、男性も人によっては「その態度ってどうなの?」と感じることもあるみたい。あなたのまわりには「あざとい女性」はいますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年6月にWebアンケート。有効回答数103件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE