お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

今までのメイクは忘れて! 男子目線でみた「かわいい」と思われるメイクの定義3つ

ファナティック

ナチュラルメイク女性はメイク次第で色々とイメージを変えられるもの。ファッションに合わせてメイクを変えるのが楽しいという人も多いですよね。今回は、男性ウケがよくて若々しい感じもする「かわいいメイク」の定義について男性目線で語ってもらいました。

ナチュラルがベスト!

・「あまり濃くないナチュラルメイク。その人のよさがそのまま出ているので」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「特に色味とかは気にしていなくて、ナチュラルなメイクが好き」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

・「ナチュラルメイク。派手なメイクだとすっぴんが怖いから」(29歳/不動産/その他)

・「薄めの色。明るすぎるものや派手すぎなものは嫌い。ナチュラルメイクがベスト」(24歳/学校・教育関連/その他)

男性からするとすっぴんと見間違えてしまいそうなほどのナチュラルメイクが一番かわいく見えるようです。メイクがあまりにも濃いと「メイクを落としたら……」とギャップが大きそうなので怖いというのもあるみたいですね。素肌のキレイさが勝負のナチュラルメイクをするにはお肌のお手入れも手を抜けませんね。

アイメイクはなるべく薄く

・「アイメイクをなるべく薄くしているメイクが好き。濃いと目のまわりが真っ黒で全然かわいくないので」(27歳/情報・IT/技術職)

・「ブルー系のアイライナー。涼しげ。でも濃いのはだめ。ビジュアル系みたいになってしまうから」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「マスカラは自然なほうがいい。おかしくない」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「なるべく自然で、アイメイクはしないほうがいい」(33歳/学校・教育関連/専門職)

目元が真っ黒になるようなアイメイクは不評。できるだけ肌になじむような色を使って薄く仕上げることが、かわいく見せるコツのようです。涼しげなブルーのアイライナーやシャドウも極太ラインで入れるとビジュアル系の人のようになってしまうので注意が必要ですね。

色を使うならピンク系で

・「ピンク系のメイクで、ナチュラルなものが好き。上品な感じがするから」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「口紅はピンク。あとはナチュラルメイクがいい。ケバいのは嫌だし汚らしく感じるから」(23歳/警備・メンテナンス/営業職)

・「ピンクのグロス。キスしたい」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

メイクで色を使うならやっぱり女性らしくて、かわいいピンク。でも、リップも目元もピンクというのはちょっとやり過ぎな気がするので、リップに色を使ったら目元は控えめに、シャドウに色を使ったらリップはヌーディ―になど引き算していくことも大事ですよ。

女性が「かわいい」と思うメイクと男性が思うメイクとはちょっとちがうようで、男性はとにかく「薄目のナチュラルメイク」にこだわるようです。色が目立ちすぎるようなメイクはそれだけで「厚化粧」と思われることもあるみたいなので、色味は控えめ、肌の質感を生かしたナチュラルメイクを心がけることがかわいいと思ってもらう秘訣のようですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年5月にWebアンケート。有効回答数107件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE