お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

甘く見すぎていたかも!? 30.6%の社会人女性のライフプランがうまく行かない理由

ファナティック

若いころはいろいろと夢を見ていたライフプラン、しかし、社会人になり、現実を見てしまうと、「あ、これダメだな……」と諦めてしまった人も多いことでしょう。そこで今回は世の女性たちにこのようなアンケートを採ってみました。

Q.社会人になる前に立てたライフプランが、社会人になってからうまくいかなくなったことはありますか?
「ある」……30.6%
「ない」……69.4%

「ある」と答えた人は、約3人に1人……これってとても多い数字ですよね。彼女たちのライフプランは、どう狂ってしまったのか、詳しく教えてもらいましょう。

■もっと早く結婚しているつもりが……

・「20代半ばくらいで結婚したかったが、今の状況ではむずかしいかも……」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「社会人になって、長年付きあった人と別れたので」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他

・「早く結婚したかったが、今もできていない」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「30になる前には結婚して出産しているものと思っていたのに全然だった」(31歳/金融・証券/営業職)

結婚ばかりは自分の意志だけではどうにもならないもの。ご縁あってのものですもんね。ご縁がなかったり、仕事が忙しかったりして、なかなかチャンスに巡り合えなかったのでしょう。早くに結婚したかった人が、やはりとても多いようです。

■仕事が……

・「新卒で入った会社に3年いようと思ったが、1カ月で辞めてしまった」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「派遣で働いて社会をいろいろ見てから正社員でがんばろうと思ったが、転職しにくかった」(30歳/食品・飲料/技術職)

・「新卒入社した会社を1年で体調不良で辞めたこと。長く勤めるはずだったのに」(33歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「転職のことはまったく考えてなかったので、転職した時点でちがうようになった」(27歳/医療・福祉/事務系専門職)

就職活動をしている際は、皆、自分にもっとも適した仕事、職場に入ろうと躍起になっていますが、現実はそんな甘いものではなく……水が合わず、すぐに辞めて、職を転々とする人も少なくありません。

■お金が貯まらない!

・「お金が全然ないこと」(23歳/小売店/販売職・サービス系)

・「預金など。予定よりも少なくなった」(23歳/その他/事務系専門職)

・「思いのほか稼げていないし、まさかの学生になっているから」(32歳/医療・福祉/専門職)

使ってしまっているのか、思ったよりお給料が上がらなかったのか……人によって事情が異なるでしょうが、いくつまでにいくら貯める、という目標を達成できていない人も多いようでした。

女性たちの狂ってしまったライフプランの数々、いかがでしたか? 現実と理想は得てして異なるもの。今の自分にとって、ベストなライフプランを立てることに遅いということはありません。悲観せずにぜひ、自分のベストを探してみてください!

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数147件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE